ナンパ経験が無い男性が酔った勢いでナンパしたい時にするべきこと

ナンパ経験が無い男性が酔った勢いでナンパしたい時にするべきこと

こんにちわ。ナンパ太郎です。

普段は全然そんな気がないのに、お酒を飲んだら「ナンパしちゃおうかな?」という気持ちが出る方も多いのではないでしょうか?

私も先日、ナンパ友と一緒にダーツバーで飲んでは投げてと遊んでいたのですが、ダーツバーってチャラついて簡単そうな女の子がたくさんいるんです。

でもみんな男連れ。
お酒が進んだ状態で視線を向けると何だかムラムラしてくるんですよね。

ナンパ友も同じ意見に達したようで、ダーツをさっさと切り上げて夜の街にナンパに行きました。

週末の繁華街だったのでお酒の勢いそのままにテンション高く声を掛けたら、結構簡単にスーツ姿の女性2人組をゲット!

そのまま奢ってあげる約束をしてカラオケに直行。
もちろん最後は股を開かせて激しく喘いでもらいました(笑)。

お酒って普段ナンパしない人でもやってみようって思えますよね。

この出来事に限らず、私はお酒に酔ったらかなりの高確率で女性に声を掛けます。
普段のシラフの時からしたら信じられないくらいの積極性が出たりするからです。

そこで今回は、ナンパ経験が無い男性が酔った勢いでナンパする時に注意するべき点を解説していきます!

その注意点さえ覚えておけば、いくらでも酔いの勢いでナンパできるようになりますし、実際の成功率も高くなりますよ。

具体的に説明しますので、「声をかけたいけどやり方がわからない!」という方は参考にしてくださいね。

ナンパ前のお酒の飲み過ぎに注意

ナンパ前のお酒の飲み過ぎに注意

「今日はナンパするぞ!!」

こんな風に考えて浴びるようにお酒を飲んでフラフラになりながら夜の街に繰り出す。

お分かりいただけると思いますが、これはダメですからね。

自分を奮起させるためにお酒を利用するのは有効な方法だと言えますが、過度に飲み過ぎないように気を付けて下さい。

ナンパする前にお酒を飲み過ぎてしまっては正直ナンパどころではありません。

ほろ酔い程度で女性に声を掛けるのがベストな状態だと言えます。

ベロベロになって声を掛けて必要以上に絡んでしまっては迷惑行為としか言いようがありませんので、いくら気分が良いからと言っても飲み過ぎた状態でナンパするのは止めましょう。

ただでさえナンパという行為自体が迷惑行為の側面を併せ持っているので、楽しいナンパをしてくれる男性に対して好意的に接してくれる女性であったとしても、ただの酔っぱらいに好印象を抱く女性は皆無だと言えます。

女性に好印象を抱いてもらうためにも、飲み過ぎてしまう前にナンパするようにしましょう。

「飲み過ぎくらいじゃないと声なんてかけられないよ!」

このように感じる方も多いと思います。

しかし、よく考えてみて下さい。ナンパの目的を忘れてしまっていませんか?

ナンパをするということは、成功したら最終的にセックスするということです。
飲み過ぎてヘロヘロの状態でセックス出来ますか?

そしてナンパに成功したら取りあえず飲みに行くケースが多くなります。
ナンパ前に飲み過ぎてしまっていると、既に出来上がっている状態で更に飲むことになるのです。

「女性に奢るだけ奢ってセックス出来なかった…」

こんな悲しい経験をしない為にも、ある程度気分が良くなり気持ちも大きくなったタイミングでいったん飲むのを止め、ナンパした後もお酒を飲めるキャパシティーを自身の中に残しておくようにして下さい。

同じ人数でナンパしよう

同じ人数でナンパしよう

ナンパする時って、女性への配慮は絶対条件だと思うんです。

いくら素敵な女性がいたとしても、1人で歩いている女性に対して5~6人で囲むようにナンパしても怖がらせるだけだと思いませんか?

さすがに極端な例だと言えますが、女性が安心感を得ることが出来るような状況を作ってあげることはナンパをする上で必要不可欠となりますので、人数のバランスは必ず考えるようにしましょう。

自分1人でナンパする際には1人で歩いている女性を。
複数人でナンパする際には同じようにグループで歩いている女性をナンパするようにして下さい。

必ずしも同人数にする必要はありませんが、同じ人数で接した方が後々ホテルに連れだしやすくなります。

男2人で3人の女性グループをナンパしてしまうと1人女性が余っちゃいますよね?
そうすると女性同士が気を遣ってしまいホテルに連れだすのが難しくなるんです。

そういった観点からも同じ人数にした方が女性もホテルに着いてきてくれやすくなりますので、実りのあるナンパをすることが出来ます。

男女比を考えた上で女性に声を掛けるようにして下さい。

声を掛けるタイミングでは下ネタに触れない

声を掛けるタイミングでは下ネタに触れない

ナンパの目的に関しては上記でも少しだけ触れましたが、恐らく9割以上の男性がセックスしたいから女性に声を掛けるはずです(笑)。

しかしこの声を掛ける内容に関しても注意が必要です。
あからさまな「ヤリ目感」を出さないでください。

ヤリ目とはネット上でよく使われる言葉で、セックス目的で声を掛ける男性の呼称でヤリ目的の略称です。

話す内容に関しては女性が楽しいと感じれば何でも構いませんが、下ネタを必要以上に絡めてしまうとそれだけでヤリ目感が出てしまいます。

女性でも「セックスしても良いかな?」という気持ちはあります。

肉食系女子を捕まえることが出来た場合には、ナンパした瞬間に「今日はコイツとセックスしよう」なんて考えていることもあるくらいです。

しかし、それを表面上に出さないのが女性です。
チョロい女だと思われたくないんです。

楽しい時間を過ごしてもらう事が出来れば、女性は簡単に股を開きます。

しかし「セックスさせてください」と声を掛けて股を開く素人女性は皆無だと言って良いでしょう。

身体を安売りする女性はそうそういらっしゃいませんので、いきなり下ネタ全開で接したりせずにお酒の場に誘って少しずつ距離を近づけるようにしましょう。

お酒を飲んでいると早くセックスしたいという気持ちが強くなると思いますが、女性をその気にすることが出来ればいくらでもエッチな事は出来ます。

私はナンパした女性と個室居酒屋に入り、周りに分からないように店内でおっぱいを揉んだりフェラをさせたりしたこともありますので、ホテルに行かなくても多少エッチな事は出来ます。

もちろん店内でセックスするのは相当タイミングに恵まれないと難しくなりますが、そこまで出来れば後はホテルなり自宅なりに連れ込むのは物凄く簡単ですので、初対面ではとにかくヤリ目感を出さない様に。

下ネタはNGだと覚えておいて下さい!

酔った時のテンションを最大限活用する

酔った時のテンションを最大限活用する

お酒に酔うと細かいことが気にならなくなる方も多いはず。
私もその1人で、特に意味も無く何だか自分に自信が出たりします(笑)

シラフの時は全然そんなキャラクターでもないのですが、同じように酔った時はテンション高く怖いものが無くなるという方もいますよね。

酔っている時にナンパをする場合、その意味も無く溢れてくる自信や無駄に高いテンションを最大限活用するようにして下さい!

特にテンションは大事。

ボソボソとはっきり聞こえない声で話し掛けてくるような男性に好意的な目を向ける女性はいませんので、大したことを喋ってなくても酔いの勢いで押しきるようにして下さい。

かのアインシュタインも言ってました。

アルバート・アインシュタイン

「一度も失敗をしたことがない人は、何も新しいことに挑戦したことがない人である(アルバート・アインシュタイン)」

そうです、失敗を恐れる必要はありません。

恐らく酔っていると周囲の目もシラフの時と比べると全然気にならないはずです。

女性は総じて声を掛けて来た男性の事を「面白い」と感じないとナンパには応じてくれません。

いきなりプロの芸人さんの様に面白い人間になることは難しいと思いますが、酔っている時は普段よりもおしゃべりになったりふざけた言動をするという方も多いと思いますので、あらゆる角度から女性を笑わせる事に意識を向けるようにしましょう。

無駄に高いテンションは人によっては見ているだけで面白かったりします。
面白いと感じて貰えた場合には女性は高確率でナンパに応じてくれます。

自分に自信を持って、テンション高く話し掛ければ女性の警戒心を解く事にも繋がります。

色んな効果を発揮することになりますので、自分も楽しみながら女性に楽しんで貰えるようなナンパを心がけて下さい。

まとめ

様々な角度で酔った勢いでナンパする上での注意点をご紹介いたしましたが、最初に思い出してほしいことがあります。

それは「悩んだら取りあえず声を掛ける」ということ。

シラフの時では出来なくても、酔っていると出来る様な気がしてきませんか?
その勢いとテンションで取りあえず声を掛けてみましょう!

失敗するかもしれませんし、いきなり成功するかもしれません。

その結果は声を掛けてみないと分かりませんので、せっかくナンパしたいという気持ちが頭をよぎったなら、まずは実行に移してみて下さい。

あなたが思っている以上に簡単にセックスが出来ますので、お酒を飲むたびに必ずナンパしてしまうようになりますよ(笑)。