気持ち良いアナルセックスのやり方を女性が解説!

乳首責め大好き女性が教える・乳首調教の方法すべて

こんにちは!ミクです。
あなたはアナルセックスを経験したことがありますか?

アナルファックは、やり方次第で男女ともにも気持ちよくなれるアブノーマルプレイ。

正しい方法で行えば、ノーマルセックスでは味わえない興奮を体験できます。

とは言っても、お尻に男性器を挿入するワケですから、気を付けなくてはならないこともたくさんあります。

やり方を知らずに挑戦しては、ケガに繋がってしまいますからね。

「アナルセックスって、痛いんじゃないの?」

「アナルセックスの安全なやり方を知りたい!」

そんなあなたに、アナルセックス経験者の私が、初心者でもできるアナルセックスの仕方を女性目線でお教えします!

新しい世界が広がるアナルプレイは蜜の味ですよ。

 

アナルセックスとは?

女性のお尻

アナルセックスとは文字通り、肛門を使ってセックスするアナルプレイのこと。

男性器やバイブやローターなどのアダルトグッズを、肛門の中に挿入するセックスのことを言います。

アナルセックスは肉体的な快楽を感じられるようになるまで、少し時間がかかります。
私も慣れるまでは、違和感のほうが強かったですね。

セックステクニックに自信がある方や、パートナーと新しいセックスを試してみたい人向けのプレイだと思います。

アナルセックスは男女どっちにとっても、肉体的な快楽よりも精神的な快楽が強いですね。

アナルセックスって痛い?気持ちイイの?

男性のアナルには前立腺があるため、性感を感じます。

一方、女性のアナルは快楽を感じにくい器官。

ですがアナルって、普段は隠されている恥ずかしい部分。
その恥ずかしさが興奮材料になり、私は初めてアナルセックスをした時、痛いながらも背徳感で気持ち良くなっちゃいました(笑)

やはりアナルセックスは膣でのセックスとは異なり、クセになるような深い快感がありますね。

アナルプレイを続ければ、ポルチオ性感帯の開発も可能です。

女性も後ろからだと、女性の子宮を中側から刺激するので、長く開発していけば肉体的にも快楽を得られるようになります。
始めは痛みを伴いますが、女性もだんだんと気持ち良くなれるプレイなんです。

男性が感じるアナルセックスの気持ち良さは、以下。

  • 膣と違って締めつけが良い
  • 本来入れる場所でないところに入れるのは新鮮で興奮する
  • アナルを開発するのは、征服欲が満たされる

普通のセックスでは得られない、アブノーマルな欲望が見え隠れします…。
女性からだとわからない、秘密の場所を暴いてしまう楽しみがあるようです。

一方、女性が感じるアナルの快楽は以下。

  • 初めてアナルに指を入れられるときの未知のドキドキ
  • アナルを相手に丸見えにさせられる体位が、恥ずかしくも気持ちイイ
  • オチンチンが入るくらい拡張される、いかにも「開発されてる」感

マゾ気質のある女性なら、アナルセックスの羞恥プレイは必ずハマりますよ。

開発してあげれば、私のようにアナルセックスの虜になるはずです。

M女性にとっては、後ろからガンガン突かれる「犯されてる感覚」はたまらなく興奮しますから。

初めてのアナルセックス!準備編

恥ずかしがる女性

AVでは一見気軽に行われているアナルセックスですが、実際には入念な準備が必要です。

そもそもアナルセックスはアブノーマルプレイの一種。
もともと興味のない人にとっては、抵抗感があるのが普通です。

アナルセックスはパートナーに同意を得てから、しっかり準備をしてもらいましょう。

アナルセックスを成功させるため、必要な準備についてお教えします!

必ず合意のもとで行う

アナルセックスは、不意に思い立ってトライするのは絶対NG!

アナルは通常、固く閉じています。

無理矢理入れるなどしたら、もう大変。
アナルにケガを負わせてしまいます。

アナルはヴァギナと違ってひとりでに濡れたりしないので、準備を念入りにしましょう!
 

女性をリラックスさせる

オマンコもそうですが、緊張していると、すぼまってくるのが女性の器官。

アナルセックスの前には、部屋の気温や湿度も心地良くなるよう保ってください。

女性の体調も、万全である必要があります。

ちょっとでも体調が優れない場合は、お互いのために中止してくださいね。

アナルをほぐすための道具を用意

プレイ前に、男性は爪を短く切っておきましょう。
アナルを指でほぐすので、皮膚を傷つけないためです。

アナルは自然に濡れないので、ローションを用意しておきましょう。

アナルをほぐすために、アダルトグッズを使用するのも大いにアリ!

拘束しながらアナルをほぐされる…なんて、私はゾクゾクしちゃいます。

私はアナルに慣れた頃に、両手を縛られたままアナル弄りされたことがありました。
マゾの私は、身動き取れない状態で自分でも滅多に触れない部分を弄られて大興奮でした(笑)

アナルビーズなどはそれ程高価でもないので、一本あると便利ですよ。

アナルビーズアナルビーズ

 
また、指を挿入するときにはコンドームが必要になります。
多めに用意しておいてください。

直腸を洗浄しておく

アナルセックスは、失敗すると汚物で汚れることがあります。

そのため衛生的にアナルセックスを行うためには、女性の腸を洗浄しておく必要があります。

洗浄のやり方としては、「浣腸」や「ウォシュレット」など。

浣腸のほうが綺麗になりますが、浣腸が苦手な女性も多いです。
これは、女性側の好みに合わせたやり方にしてください。

便秘がちの子も多いですし、万が一汚れたとしてもコンドームを使うから…、と気を大きく持っておきましょう。

もし失敗して汚れても、ムードを保つためにはあからさまに嫌そうな顔をしないように。

「コンドームをつけてするし、万が一汚れてもいいか…」

そのくらいのゆるさで望んだほうがいいですよ。

汚れても、コンドームを取って捨ててしまえば、それで終わりですからね。

 

アナルセックスのやり方!実践編

アナルセックスで悶える女性

事前準備が終わったら、いよいよ本番。
何度も言いますが、ペニスの挿入は十分にアナルがほぐれてからですよ!

アナルセックスはあくまで「優しく丁寧に」が基本です。
 

愛撫を丁寧に

まず、アナルをほぐします。
ほぐしながら、同時にクリトリスを弄ったりすると効果的。

私はアナルに指を入れて拡張されながら、オマンコにバイブを入れてもらってました。

アナルの違和感よりも、オマンコの気持ち良さが勝って抵抗なくプレイ出来ましたね。

女性に快楽を与えることが重要なので、乳首を刺激しながらアナルをほぐすのもいいです。

乳首の舐め方も参考にしてください。

アナル開発は、とにかく同時に女性側に快楽を与え続けることが大事です。

ローションをたっぷりつけた指一本から始める

アナルセックスで、いきなりペニスを挿入するのは言語道断。

まず、ローションをつけた指をアナルに挿入していきましょう。

指

なかなか入らなければ、小指からでもいいです。
アナルは最初閉ざされているので、まずはアナル周辺をマッサージする感覚で。

指が入るようになったら、アナルの中を広げるようにゆっくり指を回しましょう。
内側の肉を広げるような動きです。

アナルがほぐれてきたら、指の本数を増やしていきます。

目安は指3本。

抵抗なくアナルに入るようになったら、いよいよペニスの挿入です!
 

アナルへ挿入

アナルセックスを行う体位は、バックが基本です。
アナルの位置からして、バックが挿入にも拡張にも楽な姿勢。

女性側としては、お尻を突き出す体位なので少し恥ずかしいですが…。
その羞恥心が興奮材料にもなりますからね(笑)

挿入する側としても、バックのほうがアナルがよく見えて興奮しますよ。

またアナル挿入時の負担が減るので、「側位」の体位もおすすめです。

女性の秘部を開いた…という興奮を、たっぷり味わってください!

私もアナルに初めてオチンチンが挿入された時は、はじめてセックスした時に匹敵するくらい興奮しました。

アナルセックスの注意点

女性のお尻

アナルセックスはアブノーマルプレイなので、失敗すると男女双方に痛手を負います。
お互い痛い目に遭うのは避けたいもの。

以下のことに気を付けて行いましょう。
 

無理矢理挿入しない

アナルは、本来入れる場所ではありません。
そのため挿入中も、アナルは自然に締まっていきます。

指もペニスも押し込まないと入らないのですが、急いで挿入するとアナルが傷つきます。

なかなか奥に入らない時は一度抜いて、指で再度ほぐしましょう。

挿入したあとも、いきなりピストンをしてはいけません。
馴染んだところでアナルを広げるように、ゆっくり回すような動きで。

とにかくゆっくり、ゆっくりを心掛けてください。
 

相手に痛いかどうか尋ねる

指を入れてアナルを拡張している最中から、必ず声をかけましょう。
気を遣って我慢してしまい、ケガをしてしまう子もいるからです。

私自身、アナル開発の最中に痛みを我慢していたことがありました。

早くアナルセックスをしてみたかったこともあり…。
まだ十分ほぐれてないのに、挿入してもらいました。

その結果は、散々なもの。
無理矢理アナルに男性器を入れたので、アナルが切れてしまいました。

しばらくズキズキ痛むし、血が出るのでナプキンを充てていないといけない…。
もうあんな目に遭うのはこりごり。

ということで、その時プレイしていた相手とはそれっきりになってしまいました。

肉体の痛みは縁の切れ目。
アナルセックスの時は慎重すぎるくらいに慎重にしましょうね。

感染症予防を忘れずに

アナルは体の他の部位と比べても、格段にキズがつきやすい箇所。

そのため、感染症のリスクが高いです。
感染症予防のためには、必ずコンドームをつけること。

指を挿入するときも、コンドームをつけたほうがいいですね。
指用のコンドームもありますので。

アナルを舐めるだけでも、舌から感染することがあるので注意してください。

まとめ

ヒミツ
  • アナルプレイは通常味わえない興奮を味わえる
  • 始める前の入念な準備と、感染症予防もしっかりと!
  • プレイ中は焦らず丁寧に

アナルセックスの一番の魅力は「背徳感」と「アブノーマル感」。
他のプレイでは代えがたい快感が楽しめます。

女性側もアナルで快感を得られれば、自分の体を作り替えられるような気持ち良さが味わえます!

相手の体調を気遣いつつ、盛り上がったらアナルセックスの約束をしてみましょう。

アナルセックスできるパートナーを探したい方は、セフレの作り方を参考に出会いを探してください!