【女性が教える】アパレル店員はカワイイし、性に開放的!セフレにする手順を公開

【女性が教える】アパレル店員はカワイイし、性に開放的!セフレにする手順を公開

 

可愛くてオシャレな女の子をセフレにしたい
元気で活発な女の子とヤりたい!

それならアパレル店員やショップ店員をターゲットに、セフレ作りしてみませんか?

流行のファッションアイテムを売るアパレル店員は、一般の人が思うよりもたくさんのストレスを抱えています。

毎日のように、色々な年齢層のお客に接しなければならなかったり、お店によっては厳しいノルマ制度が設けられていることもよくあるからです。

服やオシャレが好きだから…という理由だけで、毎日楽しく仕事という訳にもなかなかいきませんよね。

そんな日々溜まる一方のストレスを、セックスで解消しているアパレル店員は多いと言われているんですよ。

今回はそんな、性に開放的なアパレル店員をセフレにする手順を、私が同じ女性目線でお教えします。

アパレル・服飾系に勤める女性の特長を知って、ぜひ参考にしてみて下さいね。

参考:セフレになりやすい女性の職業トップ5を公開

アパレル店員は開放的で遊び好きが多い

冒頭でも少し触れましたが、アパレル店員・ショップ店員が性に開放的と言われる理由は何でしょうか?

アパレル業界と言えば、なんとなく華やかでおしゃれな女性が多いというイメージですよね。
また、接客業なので元気が良く、笑顔が素敵な女性が多いのが特徴です。

しかしそんな明るいイメージとは裏腹に、実はストレスが溜まりやすい職種でもあることをご存知でしょうか。

「え?どちらかと言うと普通の職業よりも華やかで楽しそうだけど…」という声も聞こえてきそうですが、実際はそんなこともないんです。

常に流行のファッションアイテムやアクセサリー、小物などを取り扱っていて、ある程度全てのアイテムに対してそつなく説明できなくてはいけません。

意外と覚えなくてはならないことが多く、常にアイテムが入れ替わるので、覚えなくてはならないアイテムの更新頻度も高いと言われています。

またお店によっては『1ヶ月に20枚以上服を売り上げないとダメ』と言ったようなノルマ制度が設けられていたり、1日ほぼ立ちっぱなしで接客をしていたりします。

しかも、女性のファッションアイテムを取り扱っているお店の多くはほぼ女性店員。
女性同士の職場特有の対人関係で、ストレスを抱えて辞めてしまう人がとても多いと言われています。

このように、お店側からの圧力や対人関係の悩みはもちろん、お客さんからの質問やクレームなどにも、その都度柔軟に対応できなければなりません。

ただ元気に声を出したり、品出しをしてればいいというわけにはいかないんですね。

こういった様々なことに対応できる、いわゆる『器用さ』を持っている女性でないと難しいと言われているのがアパレル店員です。

その器用さが『疲労やストレス』の原因になって、辞めてしまう人も多いのが特徴でもあるのです。

ですので、仕事が終わりプライベートの自分に戻ると、お酒を飲んだり遊んだり、中にはセックスでストレスを解消している女性も多いんです。
(私の友達はとにかくお酒に逃げていました…。)

ストレスが多い仕事が終わって、スイッチがオフになった瞬間の『開放感』が『性への開放感』に繋がるんですよ。

実はセフレのチャンスやメリットの多い職業

実はセフレのチャンスやメリットの多い職業

アパレル系の女性をセフレにしたいと思った時、他の職種にはなかなかない『メリット』があります。

それは『出会いやすい』『話しかけやすい』というところです。

日本には数えきれないほどのショッピングモールやショップが存在します。
それと同時に、ショップ店員の数も数えきれないほど存在しているということになります。

ですので「ここのお店の子は失敗したけど、今度はあっちのお店の子でトライしてみよう」ということが何回もできてしまうのです。
(ちょっと悪い言い方ですが、数打てば当たるってことですね。)

例えば飲食店など、他の職種の女の子で気に入った子がいたとしても、なかなか恋愛に発展させるのは難しかったりします。

たとえ声をかけることは出来ても、その場で連絡先を交換するのは厳しいですよね。

また人からの目を気にしてしまったりして接近しずらいのが現実です。
(コンビニや病院の受付、スーパーのレジなどを想像してみて下さい…ちょっと声をかけずらいですよね)

ですがアパレル店員は、そもそもお客さんと接することが多く、しかも店員側から話しかけるのが普通です。

もちろん、こちらからも話しかけやすく接しやすいということもあり、店員の女性と一気に近づけるチャンスがたくさん転がっているのです。

つまり、接客業の中でもアパレル系の女性は『自主的に話しかける業種』なので、コミュニケーションが比較的に取りやすいということ。

以下の項目で手順や詳細を説明しますが、アパレル店員の女性は元々人と接することが好きだったり、コミュニケーション能力が高い明るめの人が多いのです。

そのため、求める男性は気軽に付き合えるような人、話の合う人を重視している人が多いと言われています。
やはり自分と波長が合う男性の方が楽ですしね!

アパレル店員をセフレに発展させる手順

アパレル店員をセフレに発展させる手順

ではどうすれば接近できて、セフレに発展させることができるのでしょうか?

ここでは具体的な手順を説明しますので、ぜひ参考にしてみて下さいね。

手順①:まずは話しかけよう

仲良くなる為にはまず気軽に『コミュニケーション』をとることが一番の近道です。

ただし、いきなり「お友達になって下さい」といった感じで話しかけるのは明らかに怪しい(笑)ので、まずは洋服を見るフリをしながら様子を見ましょう。

ナンパ目的が見え見えの男性には近づかないのが、普通の女性ですからね…。

もし店員から話しかけてきてくれれば、洋服の話題からさりげなくプライベートな話を持ちかけてみるのがオススメです。

もちろん自分から話しかけてもいいのですが、その場合はあくまで洋服のことに関して聞くことが大切です。

そして何より『さりげなく』が基本です。

最初から連絡先を聞いてしまうと、店員さんとはいえ不信感を持たれてしまう可能性も増えてしまいます。

サイズや色のことに関して聞いてしまうと、目当ての品があれば話が終わってしまいますので「すみません、この洋服に合うズボンとかってありますか?」というような感じで、ちょっと洋服の話が広がるような聞き方がいいですね。

なるべく『さりげない会話』が続くようにしてみましょう。

手順②:連絡先を聞こう(教えよう)

店員とある程度いい雰囲気で話せるようになってきたら、思いきって連絡先を聞いてみましょう。
まだ相手に警戒心がありそうなら、自分の連絡先を教えてみましょう。

相手に連絡先を聞く時は、なるべく『自然な流れ』で聞くことが上手に連絡先を聞くコツです。

ちょっとしたテクニックとしては、洋服の話題が一通り終わったところで女性を褒めましょう。

女性は褒め言葉にとにかく弱いので、特に『可愛いね』とか『美人だね』のように容姿を褒められると効果も高いですよ。

自然な会話の流れの例としては以下の内容を参考にしてみて下さい。

  • 「最初から思ってたけど本当可愛いね。よかったら、お茶でもしたいんだけど連絡先とか聞いても平気?」
  • 「すごい綺麗だよね!もしよかったらプライベートの君も見たいな!ラインとかやってる?」
  • 「めっちゃタイプなんだけど…連絡先とか教えてもらえるかな?」

順序的には、先に褒めてから連絡先を聞いてみましょう。

褒めることでアパレル店員も心がゆるんで、連絡先を教えてくれる可能性が高くなるからです。

ですが、あくまで相手の女性は仕事中なので、携帯を持っていなかったり、仕事中に持つこと自体禁止というお店も多いです。
そのような場合は、あなたの連絡先をメモに書いて渡しておくのがオススメ。

もちろん、このような場合は相手から連絡がこない事もありますが、無理矢理その場で連絡先を聞いて困らせてしまうよりも紳士的で好印象です。

仮に運良く連絡先を聞けても、印象が悪ければシカトされて終わってしうので、その場の状況に合わせて『いい印象』を残す方が成功しやすいですよ。

『空気を読んで』連絡先を聞くか、教えるかをその場で判断した上で行動してみましょう。

手順③:その日に連絡しよう

相手の連絡先が聞けた場合、大切なのが『その日のうちに』連絡することです。

アパレル店員は、毎日数えきれないほどの人と接しているので、連絡がこなければあなたのことなんて簡単に忘れてしまうからです。

そうなると、たとえ良い印象を残せていたとしても、セフレまで発展させるのは難しくなってしまいます。

しっかり『熱意』を伝えるためには、会ったその日に連絡することがベストです。

あなたの印象が残っているうちだと、遊び半分のナンパではなく真剣だと思ってもらえる可能性があるからです。
思いきって、その日のうちにアプローチを開始してみましょう。

手順④:悩みを聞いてあげよう

念願叶って好みの女性と連絡が取れたら、ここからが腕の見せどころです。

せっかく連絡をし合っても、あなたの反応がイマイチだったり、対応が適当だとわかればセフレに発展するどころか、嫌われてしまう可能性も出てきます。
(彼女たちは接客で色々な人を見ているので、『ダメな人』を見極める能力が優れています。私の友達が正にそうでしたね。)

連絡し合えるようになったら、あなたの都合よりもまずは相手の気持ちを優先させてあげることが最低条件です。

あなたはすでに相手の女性が『アパレル店員』だとわかっているので、先述したような接客の大変さやストレスなどを気遣ったやりとりが大切です。

  • 「お疲れ様。今日は仕事どうだった?疲れてるだろうからゆっくり休んでね」
  • 「お疲れ!今日は面倒なお客とかいなかった?頑張り屋さんだから無理すんなよー!」
  • 「初めて会った時から、お店が忙しそうだったから体のこととが心配してるよ!」

このように、彼女の大変さに配慮したメッセージを送ると効果的ですよ。

『ただ遊びたいだけじゃなくて、ちゃんと私のこと見てくれてるんだ…』と感じさせることができるからです。

業種特有の悩みごとを引き出して、まずは真剣に聞いてあげることで距離を縮めましょう。

「実は俺も人間関係で悩んでてさ…」など、さりげなく自分の話とリンクさせながら聞いてあげると、説得力と共に更に好感度もアップしますよ。

手順⑤:デートに誘おう

仲もそれなりに深まったらデートに誘ってみましょう。

アパレル関係は休日も出勤という人が多いので、土日が必ずオフとは限りません。
また、朝から夕方までの時間帯、昼過ぎから夜までの時間帯など、出勤時間も様々です。

相手の都合をよそにデートに誘ってしまうのはマナー的にもよろしくないので、あらかじめ相手のシフトや予定を聞いておきましょう。

特に最初の約束では、あなたが合わせてあげることが大切。

私の友達の話ですが、店長が急に会議になってしまい、シフトを交代させられてしまったという事があります。

シフトは決まっているとは言え、そういった急な出勤などのことも配慮して、日程を何候補か決めておくのがオススメですよ。

決めた日が万が一ダメになってしまっても、女性側が気にしないようにしておけば変な気を遣わせずに済みますからね。

誘い方としては特に難しく考えず、ストレートに「よかったら俺とデートしない?」と誘うのが一番です。

最初に店内でアプローチしてあるので、相手のアパレル店員もあなたが自分に好意を持っていることくらいは気付いていると想定できるからです。

これも友達の話ですが、アパレル店員は性格的に明るく常に商品に対して自信を持っていないといけないせいか、割とハッキリしている女性が多いので、遠回しなアプローチは逆効果とのこと。

単刀直入にあなたの熱い想いをストレートにぶつけた方が良いですね!

まとめ

今回はアパレル・ショップ店員をセフレにする手順について解説しました。

普段はショッピングモールなどでよく見かけるお店の店員。
なんとなく元気で楽しそうなイメージが強いですが、意外と見えないところでストレスを抱えていたり、大変な思いをしていますね。

そういった職種特有のストレスなどをしっかり配慮しながら、徐々に距離を縮めて行くことが大切です。

他人にいきなり何の気遣いもなくプライベートに踏み込まれたら誰だって警戒しますからね。

デートに誘いさえすれば、女性側もあなたのことを嫌がっていないという証拠なので、あとはセックスに辿り着くまで積極的にアプローチしてみましょう。

デートの日までにどれだけアパレル店員の心に寄り添えるかが重要になってくるので、そういったところを意識しながらこまめに連絡を取り合ってみて下さいね!

女子大生(JD)を狙うのもおすすめですよ。
→ 社会人が女子大生(JD)とセックスまで持っていく方法

コメントを書く

コメント欄は必須です。