出会い系の金髪バンギャをスローセックスで落とした体験談

ハピメで会った金髪のバンギャの裸とメッセージ

 
東京に戻ったと思ったら、自社倉庫の応援要員として肉体労働の日々を過ごしているサトルです(笑)

帰京早々に「厚木」に赴任の辞令があり、下宿先にやってきました。

ここは工業地帯のため歓楽街も少なく、仕事終わりに遊びに行くことも難しくなります。
下宿先の近辺にはコンビニもないため車は必須。

夜になるとまるで無人島にいるような感じです。
そんな時は、出会い系サイトで相手を探すに限りますね(笑)

今回は、出会い系のハピメで金髪バンギャとスローセックスが楽しめた体験談です。
 

割り切り希望のギャルと出会う

この時は出会い系に投稿したものの、丸々1ヶ月出会いに繋がる相手と連絡が取れず。
完全に諦めムードに入っていました。

掲示板を見ても、動きは無し。
自分の投稿への反応も、条件付きの割り切りばかり。

高速に乗って都心まで出ればいくらでも出会いはありそうでしたが…
それじゃ意味がありません(笑)

ですがある時ハッピーメールでのセフレ作り攻略法を読みながら、ふと何気なくピュア掲示板を見ると…。

バンド活動を応援してくれる人!

町田~厚木を中心にバンド活動をしています!毎日バンドとバイトで出会いもお金もありません(笑)
ごはんを食べに連れていってくれる人も同時募集してま~す♪

 
場違い感が半端ないメン募のような投稿を発見。

ハピメでバンド活動をしている子からの投稿

 
場所も厚木駅近辺という事でそれほど遠くありません。
面白そうなので、メッセージを送ってみる事に。

翌日に長文の返信が届きましたが、要約すると…

「チケットノルマが厳しいから買って欲しい」

という内容。
あーやっぱり…という感じでした(笑)

※チケットノルマとは
現在、日本のほとんどのライブハウスでは、当日の公演の出演バンドに「必ず売ってもらいたいチケット枚数」を提示します。
それがチケットノルマです。
 
例:当日2,000円のライブチケットの場合
15枚がチケットノルマだと、2,000円×15枚=30,000円分のチケットノルマ額が発生します。
 
チケットノルマの枚数はライブハウスやホールによってさまざまです。
 
参考:チケットノルマとは?【ライブハウス入門】

 
音楽は元々嫌いじゃないし、ライブハウスに遊びに行くのも悪くありません。
チケットの値段も高くなかったので、まとめて5枚購入の約束。

ハピメでバンド活動をしている子とメッセージ

 
職場のバイトを連れて遊びに行くことにしたら、予想以上に喜んでくれて。

「直接渡しますので、よかったらご飯でも一緒に」

返事と一緒に、LINEのIDが送られてきました。

ハピメで知り合った子とラインでメッセージ

 

出会い系の金髪ギャルと食事&カラオケデート

ライブの1週間前に、食事デートを兼ねたチケットの受け渡しのために待ち合わせ。

場所は厚木駅の隣にある、海老名駅近くの「よりみち広場」という公園を指定されました。

「厚木駅周辺より海老名駅の方が便利」という理由に加え、近くに彼女の行きつけの店があるそうです。

その辺は土地勘が強い地元の人にお任せして、仕事終わりに海老名に向かいました。

待ち合わせ場所についてメッセージを送ると、返事が来ました。

「今、かしわ台を出たところなのでもうすぐ着きます」

タバコを吸いながら待っていると、10分ぐらいして大きな荷物を背負った金髪の女の子が息を切らして走ってきました。

見るからにバンドをやっています…という感じの風貌です。

「…はぁ、はぁ、お待たせしてスミマセン。サトルさんですか?」
「いや、そんなに急がなくても(笑)○○さんですか?」
「はい。はじめまして。チケットの件、ありがとうございます。お友達も呼んでくれて…。助かります」
「ライブとか行く機会がないだけで、元々好きだったしね(笑)」

彼女のプロフ欄にも自分が聞いているバンドの名前が書いてあった事もあり、共通の話題で盛り上がります。

「立ち話もなんだし、お腹もすいたので…」

という事で、彼女の行きつけの「Bist☆rant(ビストラン)」へ移動。

洋食系の食堂…という感じで、全体的に盛りが良く地元の人に愛されている感じの店でした。

食事をしながら改めて自己紹介をされました。

  • 23歳。バンドではベース担当。
  • 普段はイベントの設営や撤去のバイトをしているフリーター。
  • 夢はやっぱりプロのミュージシャン。彼氏は興味あるけど今はいらない。

 
見た感じは「本田翼」を金髪&小柄にした感じ。(実際150cmぐらい)

普段は力仕事が多い…という事で、見た目の割に食べっぷりが良いのも納得です(笑)

食事をしながら音楽談義で盛り上がっていると…

「そろそろバスの時間もあるので…」

名残惜しそうに時計を眺めています。
帰る方向を聞くと、自分が戻る方向と同じ。

「車で来ているし、ついでに送っていこうか?」

という流れになり、延長決定(笑)

時間を気にしなくても大丈夫…という事で、そのままカラオケに行くことになりました。
 

意外にも出会い系に慣れていなかった、金髪バンギャ

カラオケは予想以上に盛り上がり、気が付いたら0時近く。
さすがにそろそろ帰ろう…という事で、国道246号方面に車を走らせます。

車内はすっかり良い雰囲気になり、まるで仲の良いカップルのような感じです。

「○○ちゃんって何でハピメ使っているの?彼氏いらないって言っていたけど」
「バンドやっているとお金もかかるし出会いも無いし。遊びたいのと活動資金稼ぎと半々かな?(笑)」
「興味が無いわけじゃ無いんだね?(笑)」
「ん~、私の活動を理解して応援してくれる人がいたらいいな~…って感じかな?」

それ、今の状況ですよね?(笑)

勝手に勘違いさせてもらって、車を厚木インター方面(ラブホ街)に進めると…

彼女も車窓を眺めながら無言になっています。

そのまま「ホテルミトス」へ。
普通に付き合っているカップルのように自然でした。

部屋に入ると一言。

「シャワー浴びてくる…」

食事の時の活発な感じはなく、女の子っぽい色気が出ています。
 

締め付けの良いマンコにスローセックスは最高に気持ち良い

交代でシャワーを浴びてベッドに戻ると、すでに部屋を暗くして布団の中に入って待っています。

何も言わずにベッドに入ると、彼女はすでに裸姿。

抱き寄せるとため息を漏らしながらキスをしてきました。

出会い系は初めてじゃ無いとはいえ、緊張は隠せていません。
抱きしめると小刻みに震えています。

しかし股間に手を伸ばすとしっかり濡れていて、すでに準備は万端の様子。

しばらく愛撫して、身体の力が抜けてくる頃合いにゴムをつけて正常位で挿入します。

ハピメで知り合った金髪バンギャのフェラ

 
「…ちょっと痛い」

ですが嫌がる様子はなく、むしろ力強く抱きついて来ました。

小柄な割に普段から力仕事のバイトと重たい楽器を持ち運んでいるせいでしょうか。
身体つきはガッシリしていて、腰~足のラインが綺麗なシルエットになっています。

締まりもかなりきつく、実はこっちもちょっと痛い感じ(笑)

油断していたらすぐに暴発してしまいそうだったので、激しく動かずにスローセックスのような感じで攻めました。

それが逆によかったのか、SEXは1回だけでしたが彼女も大満足だったようでした。

ベッドに裸で横たわる金髪バンギャとSEX

 
ホテル内では会話らしい会話もありませんでしたが、帰る頃には彼女の方から手を繋いでくるほど。

条件付きの割り切り…という雰囲気はありませんでしたが…
チケット代にプラスして渡したら、いたずらっぽく「ありがとう」と笑っていました。
 

セフレ化したかったが、仕事の都合で自然消滅

約束のライブ当日。
バイト連中の慰労会を兼ねて町田へ。

メシをご馳走した後、会場の「The Play House」というライブハウスに向かいました。

どうやら彼女のバンドもそれなりに人気があるらしく、演奏中の盛り上がり方も良い感じ。
連れて来たバイト連中も楽しんでくれたようで、自分も嬉しくなりました。

会場はそれなりに混み合っていて、個人的に出演者に会いに行ける雰囲気は全くありません。

仕方ないので、メッセージだけ送って帰ることにしましたが
「今度、2人だけで打ち上げしましょう」
あとで返信がありました。

ところが、非常に残念なことに翌日にまた別の地方に移動命令…

仕事なので従うしかありませんが、この時ばかりは本気で会社を辞めようかと思いました…orz

しばらくはLINEを交換していましたが、次第に頻度は落ちていき自然消滅

旅先での良い思い出…と考えて、また次を探すことにします(笑)

出会い系初心者とセックス→PCMAX