乳首イキの方法と開発はチクニーから。あなたも出来る!女性の乳首イキの全て

貴方も出来る!女性の乳首イキの全て

こんにちは!ミクです。

女性のおっぱいで乳首は重要な性感帯。
乳首を触れられたり舐められれば、誰でも感じてしまいます。

そんな乳首、開発次第で乳首だけでイケるようになるって知ってますか?

乳首イキは一度体験すると、癖になるほどの快感が得られます。

私自身、乳首イキさせられて乳首開発された一人。
乳首イキさせてくれるセフレに夢中になったことも(笑)

今回は、乳首イキ経験者の元風俗嬢の私が、女性を乳首だけでイかせるための開発方法を教えます!

セックスとは、挿入行為のみにあらず。
乳首イキは、挿入が体力的に辛い方にも最適ですよ。

乳首イキさせるメリット

メリットは余韻の長さ

「乳首イキは、クリイキや膣イキとは何が違うのか?」

まず、絶頂感が全く異なります。

ズバリ、乳首イキの最大の特徴は余韻が長いこと。

クリイキや膣イキはパッと花火があがった感じ。
乳首イキはずっと体の中で渦巻いてる感じ。

おっぱいでイクのは、女性にとっても異質の体験。
乳首には多数の血管が集まっているので快楽を得やすいのです。

乳首で女性を気持ち良くさせるのは前戯としても最適。
膣の刺激では濡れにくい女性も、乳首なら気持ち良くなれます。

乳首イキが目的でなくても、乳首は積極的に攻めましょう。

乳首イキさせる男性側は「開発してやった」という充足感がある

乳首だけでイク女性の姿は、征服欲を満足させてくれます。

実際、乳首だけでイクのはかなり特殊。

クリや膣イキは、馴染み深いもの。
しかし性器ではない乳首でイクくのは、かなり難しいです。

  • 乳首を十分開発されていても、イくまでに10分以上弄らなければならない…
  • かといって長く弄られれば、くすぐったくもなる…

相当開発しないと、乳首イキは出来ません。

つまり乳首でイケるようになるのは、あなたが開発した成果。

努力に見合うだけの満足感はあります。

例え乳首イキさせられなくても、乳首の性感を高められたと思って前向きに考えましょう!

乳首イキする女性側のメリットは、新たな快楽を得られる

私もそうなのですが、マゾ女性ほど乳首プレイを好みます(笑)
恥ずかしさが快楽につながるので…。

「乳首でこんなにも感じてしまう」ことに快感を感じるのです。

なので女性としても、乳首イキ出来るまで開発されるのは良いことづくめ!

自分の体がどんどん性感高まっていくのは、嬉しいことです。

乳首刺激だけでイくのは、感度が良い証拠ですから。
感度が良くなるほどセックスを楽しめます。

特にマゾ女性なら、乳首だけで絶頂する恥ずかしい体になるのは嬉しい限りです。

乳首開発はチクニーから始めよう

チクニーが効果的

まず乳首開発には、男性の愛撫だけでなく、女性自身のチクニーも必要です。

[チクニーとは?]
チクニーとは、乳首とオナニーが合わさった言葉。
主に乳首を使用したオナニーのこと。
 

 
乳首開発済ならチクニーでイけますが、開発途上でも気持ちイイ。
チクニーはやわやわした快楽がずっと続きます。

羞恥プレイとして、女性にチクニーをさせるのも効果的。
女性自身に弄らせるプレイですね。

マゾ女性なら、毎日のチクニーを報告させるのもいいかも。
私は毎日チクニーして乳首の勃起具合を写真に納めて送ってましたよ。

正直言うと、私は男性の前で命じられて自分で弄るプレイが大好きです!
命令されて喜んじゃう女性は一定数いるので。

羞恥責めにもなって、マゾ気質の女性には最適ですね。

男性側は女性が自分で乳首を弄っているのを眺めるも良し。
女性のクリや膣を刺激して、いじめてあげるのも良し。

どっちにせよ、乳首を弄る女性の感度は上がります!

ちなみに男性でも乳首の開発はできますね。

乳首イキのさせかた

最初はソフトに

乳首開発と言っても、慣れないうちは強く愛撫しても痛いだけ。

なのでまずは、乳首の先を触るか触らないかくらいの刺激を与えましょう。

クリイキや膣イキと平行して開発することで、乳首の性感は上がります。

乳首だけを重点的に愛撫するより、合わせ技が効果的です。

乳首の性感を高めるには、脳に乳首の気持ち良さを覚えさせることが大事。

服の上から触る

ブラだけ外されて弄られる…

こんなシチュエーション、女の子は恥ずかしくて確実に興奮します。

私は既に乳首開発済ですが、今でも服の上からは大好き。

じかに触られるよりも、布の摩擦が気持ちいいかも。

ひそやかな刺激なら、乳首の性感に慣れていない子でも感じやすいです。

ローションもたっぷり使う

女性の肌に触れるときは「やわらかく」「優しく」が基本。

私はかなり開発が進んでいるので、痛いくらいでも刺激になりますが…。
それでもささくれた指の腹で乳首を弄られるのは、痛いです。

乾いた肌よりもぬめった感触のほうが感度が上がるので、ローションは必需品。

ローションは冷たいよりも、暖かいほうが感じやすくなります。
冬はお湯であたためてあげるなど、工夫してください。
 

乳首を愛撫する

乳首イキは、男性の手で乳首を弄ってあげるのが最も効果的。

優しく乳首を弄ったり舐めたりしながら、女性の性感を高めてあげましょう。

乳首を刺激する時は、クリや膣を同時に刺激するといいですよ。

イかせる時に一緒に乳首を刺激することで、体に気持ち良さを覚えさせられます。

乳首舐めも有効な開発方法!
前戯の際には乳首をペロペロしてあげてください。

一緒にクリや膣を愛撫するのもいいけど、あくまでメインは乳首。
「乳首に気持ち良さを覚えさせるんだ!」という気持ちで、根気強く責めましょう!

ローターを使用して乳首を刺激

女性が指や舌だけの刺激では物足りなくなってきたら、乳首の感度は上がってる証拠。

そこまでくると、乳首をただ弄るだけじゃなくて強くつまんで欲しくなることも。

道具を使って、乳首の感度を高めてあげましょう。

乳首調教用の道具も色々あります。

私は乳首吸引してくれる大人の玩具が好きですね。

乳首が勃起したら、触れるか触れないかのところでローターを近づけたり離したり。
繰り返し焦らし続けることで、乳首イキができるようになります。

指だけでは疲れてしまう…。
そんな時も、大人の玩具に頼るといいですよ!

乳首イキの注意点

乳首は弄り過ぎると乳首は肥大化するため、恥ずかしがる女性もいます。

私は乳首大きくなるのは、エロ乳首っぽくて結構好きですが(笑)

また乳首が敏感になり過ぎると、ブラジャーに乳首が擦れて気になることも。

まぁ、それだけ感度が上がったということ。
なので男性は、ビンビンに大きくなった乳首も褒めてあげましょう。

「エロくて可愛いよ」
「これでもっと気持ち良くなれるね!」

ポジティブな言葉で褒めることが、乳首イキを楽しむコツですね。
 

まとめ

性欲アップにつながるかも?
  • 乳首イキはクリイキや膣イキとは全く異なる感覚
  • 乳首だけでイクようになるまでに時間がかかる
  • 乳首の性感を高めるために、道具やローションも積極的に使おう

乳首イキできるようになるのは、そう簡単ではありません。

乳首の感度も開発度合いも、個人差があります。

しかし女性にとって乳首イキ出来るまでに開発してくれる男性は、非常に有難い存在。

女性側の感度を高めつつ、深い仲にもなるためにも、乳首イキをぜひマスターしてください!

書いた人:ミク
出会いアプリを使って作ったセフレの数は100人以上。現在アダルトライターとして活動中。数多くの恋愛経験から学んだセックステクニック・モテノウハウ・セフレの作り方を伝授します!