ワクワクメールで出来た出張先の福岡の現地セフレ

ワクワクメールで出来た出張先の福岡の現地セフレ

出会い系遊びにすっかりハマってしまったコーヘイです(笑)
下関の物産展が終了し、そのまま福岡へ移動。

ここでも1ヶ月の滞在予定なので、現地セフレゲットを目指して出会い系を活用しました(笑)

ワクメを使って滞在先で女友達を探す

出会い系サイトにも色々あり、ワクワクメールも評判が良いと聞いたので、今回はワクメを使うことに。

基本的な使い方はどのサイトも同じように見えましたが、登録している女性のタイプがちょっと違うような気がしますね。

ワクメはなんとなく若い子が多い印象。

たまたまそういう地域だったのかもしれませんが、20代の女の子が目立っているように感じました。

投稿した内容は前回と同じように

「出張で福岡に滞在しています。しばらくいますのでオフの時に食事に付き合ってくれる人を探しています」
と投稿。

最初は業者っぽい人からのメールばかりでしたが、見極めるポイントがわかればその類のメールには引っかからなくなります(笑)

その中で一通。
「食事だけでも良かったらいかがですか?」という内容のメールがありました。

セフレ探しのワクメで気になるメール発見

プロフィールを見ると「H目的お断り」にチェックが入っており、本来探している目的のタイプの子ではありません。

それでも業者っぽくないし、出会い系サイトを使っているならワンチャンスあるかな?と思って返信。
まずは下心を出さずに紳士な態度でデートをすることにしました。

エッチは無くても、現地で食事に付き合ってくれる女友達が出来た…と思えば、それだけでもワクメを使う価値はあると思います(笑)

ちょっと面倒くさい23歳の無職の女の子と出会う

約束の時間はいつでも良い…という事だったので、時間は仕事終わりの21時。
待ち合わせ場所は警固(けご)公園近く…とだけ言われ、着いたら連絡することになりました。

待ち合わせ当日。
仕事を終わらせてメールを送ると「公園の隣にローソンがあるので、そこに来てください」と返信を貰います。

待ち合わせのラインは福岡の警固公園近く

服装を聞くと、逆に「私から声をかけますので、目印になるものを教えてください」という指示。

一瞬、冷やかしも疑いましたが乗りかかった船…
ネクタイの色とメガネ・髪型を教えて、指定の場所で待つことにします。

ローソンに到着した瞬間にメッセージを受信。

「今着いたのコーヘイさんですか?」

「着きましたよ。どこにいますか?」

「向かいのビックカメラの前にいます。侵入禁止の標識の下。わかりますか?」

…なんだ?このややこしい奴?(笑)

言われて振り返ると、国道を挟んだ向かいに女の子が小さく手を振りながら立っています。
メールでは「今から来るけんね」と言っていますが、約束の場所から離れておいて来いって…。

約束の警固公園から誘導されビックカメラの前に

ますます面倒な子だな…と思っていると、こっちに向かって来る様子です。
後で聞いたら方言で「そっちに行く」という意味だったそうなんですね。

女の子は23歳。
特徴を見つけるのが難しいぐらい普通の見た目で、おとなしい感じでした。

強いて言えば、表情がちょっと暗いかな…というぐらい。
どこにでもいそうなタイプです。

挨拶を適当に済ませて、近くにある居酒屋「旬の味博多の味 まいど」へ。
せっかくの福岡、郷土の味を…という理由から名前だけで決めました(笑)

しかし地元でも評判の店だったらしく、彼女も特に嫌がる様子はなかったので店に向かい、ビールで乾杯します。

第一印象のちょっと暗いイメージもお酒が進むと打ち解け、徐々に無くなっていきます。
それでも緊張はしているようで口数は多くありませんが、逆にところどころに混じる福岡弁が強調されて、余計に可愛く感じてしまいます。

話を聞いていくうちにわかったことは

  • 現在無職。前の職場のストレスで身体を壊し通院中。
  • なるべく地元の人には会いたくないけど、話し相手は欲しくて出会い系に登録。
  • 同じ理由で、日常とは無関係な県外の人。特に出張で来た人を相手に選んでいた。

出会い系サイトを使っているのにエッチ目的は全くないのかな?というと、実はそんなこともなく。
奥手ではあるけど興味もあるし、彼氏がいた時期もあるので経験が全くないということもないそうです。

最初に「食事だけ…」と言っていた理由は、前に会った人が強引すぎて嫌な思いをしたからだとか。
メールでも「条件は?」「写メは?」としつこい上に、待ち合わせて早々にホテルへ無理やり連れて行かれそうになったそうです。

そう考えると、最初の面倒くさい待ち合わせも納得。
それ以上に、強引な態度は後の人の迷惑に繋がるんだな…と変なことを考えていました。

自分も下心がないわけじゃありませんが、嫌がる相手を無理やり…という趣味はありません。
今回は食事だけで解散してもいいかな?と思っていると…

「こん後はどこさ行きます?」

ホテルのお誘いですか?そんな雰囲気ですけど…いいのかな?

店を出るとお互い無言で裏通りへ。
しばらく進みファミマの裏にある「ホテル リモト」へ。

ワンチャンスありました(笑)

福岡訛りの女の子に萌える。萌えまくる!(笑)

受付の前で「泊まっち…よかやか?」と言われたら、迷わず宿泊を選択!
家に帰ってもやることはないし、親もうるさいのでたまには外泊して羽を伸ばしたかったようです。

部屋に入ると急にべったり甘えてきます。
キスをしようとすると「こんままがよか…」とやんわり拒否をされて、しばらくハグ&添い寝。

まぁ、これも悪くないか…と、気がついたらそのままウトウト…と。

ラブホでセックスもなく就寝…

福岡訛りの女の子に甘えられて、不思議な居心地の良さを感じながら寝てしまい、この日はホントにそれ以上は何も無し(笑)

出会い系で会ってホテルに行ったのに何も無しかよ!

と笑われそうですが、一線は超えませんでした(笑)

しかし、この日を境に彼女との付き合いがスタート。

物産展にも顔を出してくれたり、どうしても人が足りない時に臨時のバイトをしてもらったり。
仕事の後にはデートをする機会もあり、本当に恋人のような付き合いになっていきました。

2週間ほどして「また泊まりに行きたい」とリクエストがあり、再び「ホテル リモト」へ。

前と同じパターンかな?と思っていると、この日は様子が違いました。
部屋に入るとそわそわした様子で、何か言いたそうです。

どうしたのかな?と思っていると

「いつまで福岡におると?」

「あと、2週間かな?そのまた別の所に行く予定」

「また、福岡さ来る?」

「仕事もあるしね。年に2~3回は来るよ」

どうやら、自分が福岡に滞在できる期限が迫っている事がわかり、急に寂しくなったようでした。
その後、しばらくうつむいて黙っていたと思ったら

「私、コーヘイさんの事、好いとぉーよ…。」

と、まさかの告白。
良い雰囲気になり、キスをしてベッドに押し倒じても今日は抵抗しません。

服を脱がせると、花柄の可愛い下着が。
彼女も今日のために…と、いわゆる勝負下着で来たようです。

経験が全くないわけではない…と言っていましたが、ぎこちない動きは処女同然。
なるべく驚かせないようにゆっくり時間をかけて愛撫していきます。

手の動きに合わせてため息とともに「…よか」と漏れる福岡弁がたまりません(萌)

股間を触るとしっかり濡れていて準備は万端。
頃合いをみてゴムをつけて正常位で挿入。

福岡訛りが愛おしく正常位でセックス

久々なのか、若干痛がっているようでしたが次第に彼女の方から腰を動かすようになり、声も大きくなっていきます。

その日はこの1回で終わりましたが、大満足の濃厚なセックスを堪能。
この感動を知ってしまうと、風俗遊びが物足りなくなりますね(笑)

女心を理解できることは永遠にないんだろうと感じた瞬間

帰り際、本当に付き合ってもいいかな…と思いましたが、女性の勘は鋭いようで「また福岡に来たら連絡してね」と、先に断られてしまいました…。

それでも、その後の滞在期間は連日会って濃厚なセックスをする日々。

一応福岡でのセフレは見つかった感じです

好きだと告白しておいて、付き合うのは断るけどセックスはする女性の心理…ってなかなか難しいです(笑)

心中は複雑ですが、結果的に現地セフレをゲット。
福岡に滞在する楽しみが一つ増えました。

今回使ったサイト→ワクワクメール