ハッピーメールの女子大生と中出しセックス!出会い系体験談

JDのTバックとメッセージ

こんにちは。

出会い系歴約3年、既婚者で普通のサラリーマン。
どこにでもいる、普通のおじさんです(笑)

今回もストレスが溜まりハピメで気分転換しようと、掲示板を見ていたらこんな投稿を発見。

ハピメの女子大生の書き込み
北海道出身の大学生です。
地元を離れ、ちょっとホームシックになる事もあって…。同じような人いないかな?と思い、募集してみました。
いきなり会うのは恐いので、メールから仲良くなりたいです。

 
どうやら、進学のために北海道から上京してきた女子大生みたいです。

北海道…と言えば、自分の地元。
さらに自分も進学のために上京してきた身。

自分と重なる点が多く、なんだか嬉しくなって、その場でメッセージを送りました。

それが、女子大生と中出しセックスできることに繋がるなんて…。

そのときはまだ、思ってもいませんでした。

女子大生のエロ写メも載せているので、ぜひ最後までご覧ください! 

ハピメで見つけた女子大生との出会い

その女子大生にメッセージを送ると、早速の返信が!

JDとハピメでやりとり
JDとハピメでやり取り

 
「メールからでもよければ、仲良くして下さい。
同じような同年代のともだちを探すつもりだったんですが、北海道の人が見つかるとは思いませんでした(笑)」

地元の後輩の女の子を面倒見る先輩の感覚…とでも言えばいいのでしょうか?

若い女の子に対して下心が無かった…とは言いませんが、それ以上に共通点が多いメル友が見つかった事が嬉しかったですね。

彼女のプロフはこんな感じ。

JDのハピメプロフ
JDのハピメ自己紹介

 
妻に話をしても「?」という顔をされる北海道のローカルな話も、当たり前のように返してくれる会話が非常に心地よく感じました。

しばらくして、直アドを交換。

さらにメッセージの頻度が上がると、次第に彼女の全体像も見えてきます。
わかった事は…

  • 高校卒業後、一度は就職したけど進学の夢が捨てきれず単身上京
  • 地元に彼氏はいるが、遠距離恋愛のため自然消滅になる予感しかない…
  • 地元の話ができる人もいないので、軽いホームシック状態。甘えさせてくれる年上の男性が希望

社会人が女子大生(JD)とセックスする方法で詳しく書いていますが、年上(おじさん)好みの若い子って、本当にいるんですね。

彼女も彼氏持ちだった…という事もあり、自分も既婚者だという事を伝えると…

「そういう人の方が、お互いに気楽でいいかもしれませんね」

という返事。
最近の若い子って、恋愛に対して自由な発想の子が多いんですかね?(笑)

大人好きなJDからのメール

 
次第に彼女の通う学校名から住んでいる地域がわかり、同時に会社からも近いと判明。

となれば自然と「会いましょう」という話の流れになります。

「ご飯でも一緒にどうですか?」
「いつでも大丈夫ですよ」

彼女が割と乗り気だったので、仕事の都合がつきやすい日を狙って食事デートの約束をすることに。

いつもは条件付き割り切りで会うばかりだったので、新鮮な感じがしましたね。

余談ですが、メールをしていたら嬉しさが表情に出ていたみたいです。

「何、ニヤニヤしながらメールしてるの?」

妻から突っ込まれてしまいました…。

「最近知り合いになった人が同郷出身で意気投合してね。
今度、ご飯に行こうって誘われている」

そう返事をすると、一応の納得はしてくれましたが…
(メールも一部、差し支えないのは見せた)

嘘はついて居ないとは言え、女の勘はするどいので、気をつけるようにします(笑)
 

ローカルトークでJDといい雰囲気に♪

待ち合わせは、都内某所の居酒屋に直接集合。

仕事は気合で定時に終わらせ、約束の時間に間に合うように猛ダッシュで向かいました。
(なんか、でっかいパンダがいた笑)

都内某所のパンダ

 
待ち合わせた居酒屋に入ると、どうやら彼女は先に着いている様子。
店員に案内され席に向かうと、若い女の子がウーロン茶を飲みながら待っていてくれました。

「お待たせしてごめんなさい。初めまして…って気もしないけど、初めまして(笑)」
「そうですね(笑)今日は誘ってくれてありがとうございます」
「じゃあ、好きなもの食べて。今日はご馳走するから!」
「え~、ありがとうございます。じゃあ、コレと、アレと…」

第一印象は可も不可もなく。

特別ブサイク…というわけでもありませんが、特筆するほど可愛いわけでもなく(失礼)

とは言え、30歳過ぎのおじさんと20歳の女子大生…
自然と嬉しくなっちゃいましたね。

しかも、地元トークで盛り上がれるしお酒も程よく入っているので、雰囲気はなまらよかったです。

お店も混み合ってきた事に加え、そろそろお時間も…という感じになったので一次会は終了。

物足りない気持ちがしましたが、それは彼女も一緒だったようです。

「××さん、この後って予定あります?あんまり遅くなったらマズイですよね?」
「いや、帰るのは遅くなるって言ってあるから。したっけ、もう一軒行く?」
「…あ、あの、うちのマンション、近くなんですけど…」
「…う、うん…じゃあ、ちょっとだけ、お邪魔させてもらおうかな…」

で、自然と手を繋いでいれば…そういう理解でいいっしょ!?(笑)
 

女子大生の自宅でイチャラブ中出し生セックス!

タクシーを捕まえて、彼女のマンションへ移動。
車内では積極的に手を絡ませてきて、誰かに甘えたいんだな~…という感じでした。

ホームシックに加え、彼氏とも遠距離恋愛で人肌恋しいのは彼女の方なのかな?

神様は信じてはいませんが、運命は感じちゃいました(笑)

彼女も理想に近い人に会えた事が嬉しいようで、言葉は発しませんでしたが、終始笑顔です。
私としても甘えられるのは嫌いじゃないので、悪い気はしませんでしたね。

10分ちょっとの移動で、目的地の彼女の自宅前へ。

若い娘の一人暮らしを心配してか、オートロックでセキュリティー完備の結構良いマンションでした。

エントランスでロックを解除してもらい、彼女の部屋へ…

年甲斐にもなく、ドキドキしちゃいましたね♪

部屋に入り玄関の鍵を閉めると、その音を合図に濃厚なキスのおねだり♪

そのままベッドルームに案内してもらい、恋人のようなイチャイチャタイムのスタート。

男性経験は豊富なタイプではありませんでしたが、好奇心は旺盛なようで。
カメラを向けると、照れ笑いをしながらもポーズを決めてくれました。

大人っぽいJD
JDの尻とTバック

マンコを触ると、既にグッショリ濡れています。

そのままベッドに寝かせて、ゴムの準備まではしていなかったので…正常位で生挿入。

ピルを飲んでるから…ということで、なんとJDと中出しセックスできちゃいました(笑)

JDの貧乳おっぱい

 
現役女子大生と中出しセックスできるとは、ハッピーメールで出会う子とは何が起きるかわかりませんね。

この日は時間も限られていたので一回で終わりになりましたが、私も彼女も大満足でした。
(貧乳でしたがw)
 

甘えんぼうの妹的なJDに週1で中出し!

これをきっかけに、週1回ペースで会社帰りに彼女のマンションに立ち寄るように。

タイミングが合えば、昼間に彼女のマンションに立ち寄るようになりました。

都内の駅前

 
会っているときはお互いにあだ名や名前を呼び捨てにするようになりました。

まるで、恋人のような関係です。

最近ではちょっとオシャレな服を着て迎え入れてくれます。
素直に脱いでくれるし…で、至れり尽くせりです(笑)

JDセフレの自宅でデート
貧乳のセフレJDの裸

 
セックスの方も徐々に慣れてきたのか、最初はできなかったフェラもしてくれるようになりました。

また、甘える仕草も自然な感じになってきました。
セフレでありながら、恋人のような妹のような感じもします。

セフレJDのフェラ

 
ピロートークをしている時に、甘えた声を出しながら身体を擦り寄せて…

「ねぇ…よしよし…ってして…」

こんなことを言われたら、たまりませんね。

頭を撫でてあげて安心したかのように寝落ちしていく姿を見ると、とても出会い系で知り合った女子大生とは思えません。

JDと中出しセックス

 
それでいて「恋人と呼ぶには微妙」という地元の彼氏とは、毎日LINEをしていたり。

かと思えば浮気相手のおじさんには、こんな可愛いメールを送ってくるし。

JDからのラブラブメール

「明日はバイト休みだから、5時過ぎには家にいるよ^^
仕事終わったらまたメールしてね。またいっぱい甘えたいな(〃ω〃)」

女の子って、ホント見た目じゃわかりませんね^^;