リアルナンパと出会い系で相手を探すのは何が違う?ネトナンとリアナンの違いを徹底解説!

リアルナンパと出会い系で相手を探すのは何が違う?ネトナンとリアナンの違いを徹底解説!

こんにちわ。ナンパ太郎です。

「ネトナンをしたことはあるけどストナンはハードルが高い…」

こんな思いを持っている方も多いのではないでしょうか?

ネトナン(出会い系サイトなどを利用して、異性をナンパすること)は楽ですよね。
出会い系サイトで女性に声を掛けるのはとても気軽に出来ると思います。

そしてネトナンをしたことがある方もそうではない方も、リアナン(リアルでのナンパ。ストナンとも言います)に対しての憧れを少なからず抱いていると思います。

それは、即エッチが出来るという展開を何よりも期待しているからに違いありません。

そこで今回、出会い系サイトを利用するネトナンと、実際に女性に声を掛けるリアナンで何が違うのか具体的にご紹介します。

「リアナンで即エッチしてみたい!」

男の夢でもある、会って即エッチを体験したい方は、是非参考にして下さい!

ナンパを始めてわずか2年で50人以上の女性と即エッチした私が、皆さんの夢を叶えるお手伝いをさせて頂きます。

出会い系で会うネトナンとストナン・リアナンの大きな違い

そもそもネトナンとリアナンで何が違うか皆さんご存知ですか?

もちろん異性と出会うためのフィールド(場所)が違います。
ただ、違いはそれだけではないのです。

出会い系の良いところは、相手にされなかったとしても特に精神的なダメージを受ける危険性が低いところです。
しかし即エッチには繋がりにくい…。

対してリアナン・ストナンは成功すれば即エッチ出来る可能性が格段に高くなります。
でも無視されることが怖かったり…。

恐らくリアナンに対して積極的になれない理由、一歩踏み出せない理由はその「無視される」という事に対して恐怖心を抱いてしまうからではないでしょうか?

まずはネットナンパとリアルナンパの違いをまとめてみました。

ネトナン
(ネットの出会い)
リアナン
(リアルな出会い)
出会う場所
  • 出会い系
  • 出会いアプリ
  • マッチングサイト
  • 道端
  • コンビニ
  • クラブ
  • ネットカフェ
  • 居酒屋
  • バー
アプローチの掛け方 誠実さ、紳士な態度が重要。ヤリ目だと思われないように! ノリと勢い!チャラい雰囲気の方が成功しやすい。
無視される確率 かなり低い。連絡先の交換までは簡単に出来る。 高い。折れない心が大切。
即エッチ出来る確率 かなり低い。実際に会えるまで根気強く付き合う必要がある。 かなり高い。ナンパに応じてもらえたら即エッチの約束をもらえたようなもの

 
見ただけでも、全然違いますよね。
実際に行動に移してみるとより実感できると思います。

具体的な違いとその対策法について、これから踏み込んでご紹介しますね。

出会い系で相手を誘うのと、ナンパは全く違うものだと理解しよう

出会い系で相手を誘うのとナンパは全然違うものだと理解しよう

まずははじめの一歩です。

出会い系を利用して女の子と仲良くなりたいと考えた場合、雰囲気の良さそうな子とか可愛い子、顔が分からなくてもプロフィール欄のスタイルなどから手あたり次第メッセージを送ることができますよね。

ネトナンの良いところで、例え相手に無視されても痛くも痒くも無いのです。

そして言葉選びも慎重にすることができます。
口下手な男性でもリアルで話すのとネット上を介して話すのでは圧倒的に違いが生まれますし、話しやすく感じるのではないでしょうか?

対してリアナンは、正直ノリと勢いが大事です。

素敵な女性を見つけることができたとしても、近寄ってモゴモゴ話してしまっては「はぁ?」みたいなリアクションをされてしまいますし、「つまんない男が頑張ってナンパしてきた(笑)」と思われてしまっては、まず間違いなく成功しません。

初対面の印象は何よりもリアナンにおいて重要になります。

ネトナンの場合、容姿に自信が無かったとしても自身の写メを載せたりしないで、誠実なメッセージを送る様に努めれば連絡が返ってくる可能性は高いです。

当然容姿で判断する女性も多いと思いますが、そういった女性だけではないのは確かなことでしょう。

しかし、ネトナンと同じ様にストナンに繰り出したとしても、誠実そうな話し方で堅苦しい挨拶をするような方はいません。
ストナンの場合は誠実さよりも面白い人かどうかを見られるからです。

話していて面白い人、一緒の時間を共有しても苦痛ではない人でないとナンパされても付いて行こうと思ってくれる女性はいないのです。

逆にそのナンパの声の掛け方を出会い系でメッセージとして送ってみると、返信率は高くはありません。

出会い系でいきなり「こんばんは~。お姉さん今何してます?僕めっちゃヒマなんで飲みに行きません?」とか伝えても確実にヤリ目だと思われてしまうので、女性の警戒心を生み出すことにしかなりませんよね(笑)

上記の様に、はじめの一歩からネットナンパとリアルナンパは大きく違いがあります。

自分が女性と関係を持つために行動を起こすフィールドで、声の掛け方を間違えてしまうと絶対にナンパは成功することがないということを覚えておいて下さい。

リアナン・ストナンは無視されて当たり前

リアナン・ストナンは無視されて当たり前

さて、先んじてちょっとだけお伝えしましたが、ネトナンは無視されても痛くも痒くもありません。
むしろ無視される可能性は結構低いです。

メッセージの送り方にはコツがありますが、あまりにもチャラついた内容のメッセージやいきなり連絡先の交換をしようとしない限り、何通かやり取りを続ければLINEを交換するのはたやすい事でしょう。

実際私も出会い系サイトを利用していますが、登録したその日に3人の女性と連絡先の交換をすることができました。

それくらい「連絡先の交換をする」だけの場合、ネトナンは非常に難易度が低いです。
そこから会うまでの時間が重要になるので。

しかし、リアナンに関してはネトナンの様にそう簡単には事が運びません。
当然ではありますが、出会い系サイトには出会いを求めている女性が集まっています。

しかし、その辺の道端を歩いている普通の女性が、出会いを求めている女性かどうかなんて分かるわけがありませんよね。

そこが何よりもストナンの難しいところです。
ストナンは無視されて当たり前です。

出会い系サイトだと、なんだかんだいって参加している女性は男性と関係を持つことに対して興味はあります。

「アタシ暇潰しに登録しただけなんで」と言うような女性でも、芸能人級のイケメンからアプローチされたら絶対に食いつきますし、会おうとする事でしょう。
それくらい女性は現金な生き物です。

しかし、仮に芸能人級のイケメンがリアナンをしたところで無視されることはあります。
私は別に芸能人ではありませんが、これは絶対に言い切れます。

芸能人でもリアナン・ストナンは失敗するのです。
何故なら「ナンパには絶対に応じない」という姿勢の女性が歩いているから。

素敵な女性には高確率で彼氏がいます。それは当たり前ですよね。
その彼氏との関係が円満なものである場合、女性はそうそうナンパに付いて行こうとは思わないのです。

彼氏と滅多に会わない様な女性、関係がこじれつつある女性、そもそも彼氏がいない女性、ヤリマンな女性。
ナンパに付いてきてくれるのはこういったタイプの女性です。

ヤリマンな女性をナンパすることができれば何よりも手っ取り早いのですが、そうそう見た目だけで分かるようにはならないと思います。

まずはリアナン・ストナンは無視されて当たり前という事実を認識するようにしてください。
そこがリアナンにおけるスタートラインだと思いますよ。

リアナン最大のメリットは即効性

リアナン最大のメリットは即効性

ここまで見ると、以下の様に考えてしまう方もいるのではないでしょうか?

「え、リアナン無理じゃね?」
「無視される前提で話し掛けるとか、出来る気がしない…」

そう考えてしまうのも仕方ありません。

実際ストナンはそう簡単には成功しませんし、ストナンを何度も繰り返し行ってきた私でも、リアルで女性に声を掛ける時は臆してしまうことがあるくらいです。

しかし、リアナンを諦めるのはちょっとだけ待って下さい。
忘れていませんか?ストナン最大のメリットを。

冒頭からずいぶんと触れてきませんでしたが、ナンパ最大のメリットはその即効性にあります。

ストナンを成功させるのに、何人の女性に声を掛ける必要があるのかはその日によって違います。

1人目から成功する可能性もありますし、100人声を掛けてもすべて失敗してしまうかもしれません。

それでも、出会い系の様に手あたり次第メッセージを送り、10人と連絡先の交換をして毎日コツコツとやり取りをするよりも、ナンパで1人の女性を捕まえてその日にエッチするのもアリですよね?

その即エッチ出来るという点がナンパ最大のメリットであり最大の魅力なんです!

実際出会い系でもナンパでも、キレイな女性と関係を持ちたいと考えるのが普通だと思います。
関係を持ちたいという感情=付き合いたいという考え、から生まれている訳ではありませんよね。

エッチがしたいという感情から生まれているはずです。
そしてそのエッチがしたいという感情は、キレイな女性も持っている感情です。

基本的に容姿に恵まれなかった女性の場合、リアルでの出会いに期待できないから出会い系で真剣なお付き合いが出来る男性を探している事が多いです。

しかしエッチしたいと考えている男性は、容姿に恵まれない女性(タイプでは全くない女性)をリアルでも出会い系でも相手にすることはほとんど無いと思います。

お互いの希望がマッチングしていないので、当然出会いには繋がりませんよね。
私もブスに声を掛けようとは思いません。

対してキレイな女性は、リアルでの出会いにおいて彼氏を見つけるのにそうそう苦労することがありません。

つまり、ナンパに応じるキレイな女性は真剣な交際相手を求めて応じているわけではないって事です。
エッチがしたいと考えているんですね。

ナンパに応じるキレイな女性が、男性と同じ様にエッチがしたいという感情を持っている可能性が非常に高いのはお分かりいただけるでしょうか?

男性の心理からしたら、キレイな女性がエッチに対して積極的な考えを持っているという事実をあまり実感できないかもしれません。

しかし、男性と同等かそれ以上に女性もエッチがしたいと考えています。
ストナンしてキレイな女性と飲みに行き、仲良くなってそのままホテルで刺激的な一夜を共にする。

世のナンパ師の方もそんな経験があるからこそストナンを止めないのだと思いますし、止められないのだと思います。

ナンパの難しさに直面して諦めてしまう前に、成功した時に味わうことができる最大級のメリットを思い返してみてはいかがでしょうか?

まとめ

私は即エッチが出来る関係からリアナンをオススメしているのですが、繰り返しナンパしていくと合う合わないが自分でもハッキリ分かってきます。

ストナンが自分には合わないかも?と感じられたら、出会い系でエッチ友を探すのがいいですね。

どちらにしてもしっかり攻略すれば、ビックリするくらいたくさんの女性とセックスフレンドになれますよ!

→ナンパしやすい女性の特徴・見分け方