出会い系の若妻をセフレ化してセックス!最後は音信不通で終了(笑)

若妻とセフレ

既婚女性が出会い系サイトに興味を持つ理由は色々あるみたいですが。

共通している点は「夫とのセックスに満足していない/セックスレス」だという点。

実際、私が今までにセフレや出張先での出会った人妻も、基本的には同じ理由でしたね。

時には会ってみたらタイプじゃなかったとか、緊張しすぎてマグロで終わっちゃった…
そんなパターンもありますが、美味しい経験ができるのも事実。

「好奇心旺盛で欲求不満な人妻」とのセックスは、一度でも楽しさを覚えてしまうと癖になります。

最近、自分がターゲットにしていたのが「経験の浅い若妻セフレ」。
参考:エッチな若妻と出会って、セフレにする方法

出会い系初心者の若妻を自分好みのセフレに育てる…って、考え方によっては最高のセフレじゃない?

そう思い、ワクメを使って探すことにしました。

若妻とのセックスに一点集中

今回の目的は「経験の浅い若妻」に一点集中。

当たり前の話ですが、相手の条件を絞りすぎると一気に出会える確率は下がります。

そこで大事になってくるのが「どうやって若妻にアプローチをするか?」という作戦立て。

むやみやたらに掲示板に投稿をしても時間とポイントの無駄にしかならなず「出会えない!」となるので、その辺は冷静になって考えます。

今回の作戦は

  • ピュア系掲示板で友達募集から始める
  • まずはメル友からスタートして、食事デートを第一目標にする
  • 実際に会う約束をする時間はお互いのタイミングを見て相談で…

仕事の都合がなければ平日の昼間に絞った方が成功率は高いんですどね…
さすがにそこは仕方がないので可能な限りとしました。

ワクメのピュア系で友達募集からスタートしたのは、出会い系初心者を狙うため。

出会い系サイトに登録しているとは言え、最初からアダルト掲示板に書き込んである投稿にメールを送る勇気がない…という人も多いので、「既婚者」というワードを入れつつ、やんわりした表現にしてみました。

セフレ探し

 

人妻と出会うまでには、待つ事も大事

結果、最初の1ヶ月は成果なし(笑)
作戦の効果はあり、メル友までたどり着いた人妻は何人かいましたが実際のデートには至らず…

やはり「平日の昼間しか会えない」という人妻が大半で、そこがネックになりました。

条件付き割り切りなら夜でも大丈夫…という人はいましたが、今回はスルー。
やはり、人妻狙いは平日の昼間に動ける人の方が強いですね。

投稿に対する反応率は悪くなかったのでそのまま作戦は継続し、大人しく(?)じっくり待つ事、約一ヶ月。

ついに目的のタイプの若妻からメールが届きました!!!

(その間に、別のサイトで看護師やスポーツジムのインストラクターさんと遊びに行きましたが、それの話はまた別の機会に。別サイトとの同時進行もコツと言えばコツですね笑)

若妻がヒット

 
狙い通り「ピュア系」「メル友からスタート」「仲良くなってから食事デート」のワードが効いたようです。

メールの内容からも会うことには興味津々な様子でしたが、やはり緊張と警戒もしている雰囲気。

そこで、まずはLINEに誘導して世間話をしながら徐々に警戒心を解いていくようにします。
まずは聞き役に徹するところから始めて、相手の好みやワクメを使っていた動機を探る事に。

話をしていてわかった事は

  • 男性経験は1人だけ。最近、その旦那さんと喧嘩が増え生活面も含め不満が蓄積。
  • 子供はいないため、昼間はパートに出ているが基本的に自由時間は多い。
  • レディコミやネットでの出会い系体験談を目にしているうちに興味が出てきて登録。
若妻とライン

 
ここでも
夫に対して何かしらの不満+他の男性とのセックスへの興味=出会い系サイト
という公式が当てはまりました。

何より「男性経験が1人だけ」という点は注目したいですね。
旦那さんも、まさか自分以外に経験の無い妻が他の男と…とは思わないでしょう。

この背徳感はたまりません(笑)

そのまま2週間ほどLINE交換を続けると、旦那さんが飲み会で遅くなる日がある事が判明。
その日の夕方〜帰宅時間を狙って会うことにしました。

若妻と待ち合わせ

 

初々しい若妻は当たるとデカイ!

待ち合わせはショッピングセンターの駐車場。
もはや、人妻セフレと会う時の定番スポットです(笑)

セフレに期待

 
仕事終わりにそのまま直行し、到着した事をLINEで送ると、彼女も既に到着しているとの事。
すぐにお互いの目印になるものを教えあい、指定された場所へ向かいます。

すると、教えられた服装をしている女性がいましたが、聞いていた20代後半にしては若すぎる女性を発見。
(どうみてもハタチぐらいにしか見えない)

まさか…と思いおそるおそる声をかけてみます。

 
「あの…、○○さん…ですか?人違いでしたらゴメンなさい…。」

「いえ、その○○です。コーヘイさん…ですよね?」

「…うそ?マジで?アラサーって聞いてたけど、全然若いじゃん!ハタチにしか見えないって!」

「確かに童顔なので既婚者っていうと驚かれる事もありますよ(笑)」
 

見た感じ的には普通よりやや可愛い感じ。
(読モやAKBとかに混じっていても違和感はないけど、特に似ているタレントとなると思いつかず)

当初は食事でもしてから…という話だったはずが「誰かに見られたらちょっと…。」という事で、早々に車に乗ってもらいラブホへ直行。

車内では緊張しているせいか口数も少なく、下を向いたまま世間話に相槌を打つのが精一杯のようです。

しかし、浮気セックスにも強い興味もあるのでしょう。

表情は固いものの嫌がる様子はなく、大人しく部屋まで着いてきてくれました。

若妻とホテルへ

 
人妻と遊ぶときは旦那さんバレ防止のため、帰宅時間を厳守するのは鉄則。
一応、その辺は再確認しておいた方がいいかな?と思い、世間話の流れで確認しておきます。

 
「さすがに、こういうのって緊張するね(笑)」

「そ、そうですね…。私もこういうの初めてなので…。」

「そういえば、時間って何時まで大丈夫?あんまり長居はしない方がいいよね?僕としてはゆっくりしたいけど」

「夫はいつも終電で帰ってくるので、23時半までに家に帰れれば大丈夫です。」

「じゃあ、少しはゆっくりできるね。せっかくの機会だし、何かリクエストとかある?」

「あの…、男の人と一緒にお風呂に入ってみたいです…。」
 

なんか可愛い!!!

そんな話ならすぐにでも叶えてあげましょう!って事で一緒に浴室へ。
(旦那さんはシャワー派で、一緒にお風呂に入るのを嫌がるそうで、憧れがあったそうです)

セックス前の若妻

 
服を脱ぐ姿も可愛くてスマホを向けると「ダメ〜。」と顔が写らないようにそっぽを向きますが、撮影自体はなんとかOK(笑)

そのままお風呂で泡々&イチャイチャプレイを楽しみました。

若妻とイチャイチャ

 
その後、ベッドへ移動してお風呂での続きを。
愛撫をする必要もなくマンコはびしゃびしゃでしたが、そこはしっかりとキスをしながら手マンで一度気持ちよくなって貰いましょう。

次第に彼女の目つきも溶けるようになり物欲しそうな表情になってきます。

頃合いを見て、人生2本目となるチンコの挿入。

若妻とセックス

 
男性経験が少ないとはいえ、旦那さんとはセックスをしていたようで、腰の動きや喘ぎ声も申し分なく。
同時に、

腰の動きに合わせて顔だけでなく体を真っ赤にしながら喘ぎ声を押し殺している初々しさは印象的でした。

若妻セフレの誕生!しかし突然の音信不通(笑)

これをきっかけに、旦那さんが飲み会の日を狙って月1~2回ペースで会うセフレに。

初めて会った時の初々しさも、回数を重ねるごとに良い意味で崩れてくるのがわかります。

腰の動きや喘ぎ声も最初とは比べ物にならないほどエロくなり、弱点を見つけてはいたずらっぽく笑う顔がたまらなくエロくて最高です♪
(顔を写すのは相変わらずNGですが、その仕草がまた可愛い笑)

若妻とセフレに

 
しかし、これはこれから先が楽しみ…と思っていたところ、ある日突然、音信不通に…

これも出会い系サイトで知り合った人妻にはよくある話なので仕方がないといえば仕方がないんですが。

正直な気持ちは、肩透かしを食らったようで残念というか虚しいというか…

おそらく、旦那さんと仲直りをしたのか、浮気がバレそうになってスマホのデータごと消されたか。
今となっては確認のしようがありませんが、

この一期一会な出会いも人妻との出会いの醍醐味なのかもしれません(笑)
 
ワクメで若妻とセックス