セフレになる女性の心理とは?

多くの女性が恋愛相手を見つけてセックスをする中で、セフレ関係を望む女性とはどのようなことを考えていると思いますか?

もちろん型に当てはまらないタイプの女性もいますが、多くの場合は以下で紹介するいくつかのパターンのどれかに該当することが多いようです。

私たち女性がどのようなことを考え、何を望んで大人の関係を作るのか、その心理をご紹介したいと思います。

セフレを作るとき、そしてセフレとの良好な関係を維持するために参考にしてみてくださいね。

寂しいから、満たされないから(独身の場合)

独身女性がセフレを欲しがる場合は、周りが結婚し始める30歳前後に多いようです。
女としては性欲が強くなる時期なのに、自分にはパートナーがいない。

30歳くらいまで独身ということは、職歴も長くなり任される仕事も多くなっていますよね。

そうなると仕事が忙しく、出会いのチャンスも減る一方です。
忙しくて恋愛をする気力もなくなってしまうのかもしれません。

彼氏を作る時間も気力もないけど、ただただ仕事と自宅の往復では寂しい…。
そう考えるのは自然なことですよね。

手軽に時間や手間をかけずに寂しさを埋めることができるのが、大人の関係ということです。
セックスで繋がる関係でも、一緒に過ごしている時間は愛されている実感に包まれることができます。

そんな独身女性とセフレになるのであれば寂しさをしっかりと埋めることができるように配慮してあげることが大切です。

優しい言葉をかけたりスキンシップを多くするなど、恋人と同じように扱うことが寂しい女性の心を満たしてくれます。
その一時だけでも心と身体が満たされれば「明日からまたがんばろう」と思えるものです。

その日会ったときよりも、別れる時の方が生き生きとした顔をしているようなら、上手に寂しさを埋めてあげることができたと思ってよいでしょう。

寂しいから、満たされないから(既婚女性の場合)

既婚女性は、独身女性と比べると一見満たされているように見えます。

家族がいて守るものがあって、特に子供がいるお母さんは幸せそうに見えますよね。
私も独身のときに既婚の友人はもれなく幸せそうに見えました。

でもいざ結婚してみて周りの既婚女性の話を聞くようになると、一概に何もかもが幸せで満たされているわけではないということに気が付きます。

年齢と共に美しさが失われていくのは当然ですし、子供を産めば体型も崩れてしまいます。
女性からすれば仕方がないことではありますが、夫の中にはそう思わない人もいるようです。

独身のときの方がキレイだった」「ただのオバサンになった」などと言って、妻を女性としては扱わなくなってしまうんですね。

ひどい場合だと家政婦のように扱う夫もいるようで「おい」なんて呼び方をしたり…。

また、夫婦仲は良いのにセックスレスになってしまう夫婦もいます。

夫婦の仲が良すぎて「家族」とはエッチできないと感じてしまうケースや、子供が産まれて「」から「」になり性の対象として見ることができなくなってしまったケースです。

立ち合い出産をした場合のグロテスクなシーンが目に焼き付いて、セックスが怖くなってしまった男性もいるようです。

既婚者がパートナーとセックスができなくなるのは大問題ですが、家族として普通に生活はできるので離婚まではしたくないと考える女性が大半です。

離婚してしまうと再婚はハードルが高いですし、金銭的なデメリットも大きいですよね。
そんなときに求めるのが、都合がよくエッチを楽しめる相手です。

現に出会い系サイトなどでは、主婦のエッチ希望者をよく見かけます
セックスに飢えている既婚女性は予想以上に多いものなんですね。

外の男性とのセックスは「夫には絶対知られてはいけない」という緊迫感や背徳感があり、興奮度が高いんです。

私も何度か不倫したことがありますが、悪いコトをしているという気持ちが快感を押し上げてくれます。

そんな主婦とセフレになるのであれば、二人の関係が周りにバレないことを重視しましょう。
身体だけの関係とはいえ、周りから見れば不倫になってしまいます。

相手の女性もバレないように配慮してくれる男性であれば、安心して会うことができるので関係を続けやすいと感じます。

なるべく連絡を取る回数を減らす、連絡用にフリーアドレスを取得するなど工夫をして、二人だけの秘密の関係を維持するように注意しましょう。

二人だけの秘密」は女性が好きな言葉なので、それを上手く使うことで相手の女性も関係がバレないように配慮してくれるようになりますよ。

人妻とのエッチまでの流れについてはこちらを参考にして下さい。
出会い系で会った人妻とエッチをするまでの流れをご紹介

単純にエッチが好き

セックスがしたいからセフレが欲しいと性欲に忠実に考えるのは、男性だけとは限りません。
エッチが大好き!」という女性だって普通にいます。

おそらく男性が思っているよりも多いのではないでしょうか。
私も性欲が強い方なので、複数のセフレを持っていた時期があります。

当時の彼氏はいわゆる草食系男子だったので、エッチが淡白で回数も少なめだったので物足りなかったんですよね…。

エッチが好きでセフレが欲しいと考える女性は性に奔放で、性格も明るいことが多く社交的で彼氏や夫がいることも多いんです。
そのため、セフレの存在を友人や知り合いに知られないようにします。

そして知人に知られずに都合の良いセフレを探すのであれば、やはり出会い系サイトを使うのが一番だと思います。
私も以前は出会い系でセフレを探していました。

出会い系でセフレをつくるには?

しかしエッチ好きの女性と言っても、サイト上ではあまり積極的に話かけられない人もいます。

特に掲示板への書き込みよりも、自分から男性にメッセージを送るのはハードルが高いので、男性から話しかけられると嬉しくなります。
私も同じく基本的には待ちの姿勢です。

掲示板やプロフィールを巡って気になる男性に足跡をつけて回り、メッセージをくれた男性の中から気になる人とやり取りをします。

自分からガンガン書き込みやメールを送れる女性も中にはいるのですが、それはそれで「業者」だと疑われて悲しい思いをすることがあるんです。

確かに「性欲全開、エッチ大好き!」なんて書き込みをしている女性は業者である可能性も高いのですが、最初から業者と決めつけて「業者はメールすんな」などと返されると、すごく傷ついてしまいます。

本当にエッチがしたかった女性をみすみす逃してしまうことにもなりますが、業者に引っ掛かるのも嫌ですよね。

そのために、電話番号やLINEIDの回収業者、援助目的の被害を避けて、本当のエッチ好き女性だけとやり取りをするために、まずは業者を見分けるポイントを押さえておきましょう。

  • プロフィールの内容がエッチのことしか書いていない
  • 金銭を要求する(最初だけ不安なのでいくら…も無視する、援助の常套手段)
  • 別サイトに誘導したり、すぐにLINEIDなどの連絡先を教えてくれる

これらに該当する場合は業者である可能性が高いので、相手にしない方が良いです。
逆に

  • 日記をこまめに書いていて、足跡がついているけどメールは来ない
  • エッチに関するプロフィールなどはポツポツとしか埋められていない
  • 写真に顔が全部写っていない

これらに当てはまる場合は、普通の素人の女性である可能性が高くなります。

もちろん必ず業者ではないというわけでもないので、後は自衛したりやり取りの中で見極め行きましょう。

自衛の手段として、例えば

  • 実際に会うまでは連絡先を教えずにサイト上でやり取りをする(業者に連絡先を知られるリスクを減らすため)
  • 何通かやり取りをして「写真を送ってほしい」とお願いしてみる(業者だったらすぐには写真を調達できない可能性が高いので)

送られた写真がネットから拾ったものではないかチェックしてみるのも良いですね。

参考:google画像検索のヘルプ

本物のエッチ好き女性であれば、多少の下ネタは喜んでくれますし、ちょっとエッチな写真の要求にも応えてくれると思います。
どれくらいエッチな写真を送ってくれるかによって、エッチ度を知ることもできますよね。

出会い系サイトにいるエッチ目的の女性はみんな業者」なんていう人もいますが、性欲を表に出すのは男性だけという偏見であって、決してそんなことはありません。

しっかり自衛と見極めをして、エッチ好きなのにパートナーと満足できるエッチができていない、寂しい女性と楽しい時間を過ごしてくださいね。

経験を増やしたい

一人の人とエッチをしていると、基本的には毎回同じ内容のワンパターンプレイになってしまいますよね。
何だか物足りない、詰まらないなと感じてセフレを探す男性もいると思います。

それは女性も同じで、色々なセックスをして経験を増やしてみたいと考える人もいるんです。
特に大学生など若い女性にその傾向は強いようです。

社会人であれば旅行やラブホの利用で雰囲気を変えることができますが、金銭的に余裕がないといつも自宅でのエッチになってしまいますからね。

アダルトグッズやコスプレグッズなども高額なものが多く、試してみたくても試すことができない状況です。

セフレに使いたいアダルトグッズ

また、最近若い人の中で流行っているネット漫画の影響もあるようです。

アプリやネットで無料の漫画をたくさん読むことができるようになりましたが、その中にはちょっと過激なアダルト漫画も含まれています。

エッチな漫画を読んでいるうちに「こんなエッチしたみたい」「変わったエッチがしてみたい」なんて妄想が広がって、それを実現させてくれる相手を求めてそのまま出会い系サイトを巡るというパターンです。

そのような多彩なエッチに興味がある女性を狙うのであれば「どんなシチュエーションのエッチをしてあげられるのか」をハッキリと掲示板などに書いておくとよいですね。

例えば

「海沿いのホテルでエッチを楽しみませんか?コスプレをしてくれると嬉しいです。」
「大人のおもちゃに興味がある女性を探しています。
痛いことや汚いことはしません。気持ちよくさせてあげますよ。」

など、女性が不快にならない程度にエッチの内容を具体的に書くと、興味のある女性がプロフィールを訪問してくれます。

エッチな書き込みにメールを送るのはなかなか勇気がいるものですので、訪問の履歴が残っていたら男性側からアプローチをしてあげてくださいね。

パートナーには言えない性癖がある

SMを始めとして、露出、スカトロなどパートナーには内緒の性癖がある人の割合って男女共に結構多いんです。
全体で見るとそのような傾向は男性の方が多いのですが、女性も少なからずいます。

ある調査ではSMに興味があると答えた女性は全体の約20%もいるんですよ。
他の様々な特殊な性癖を含めると、その割合はもっと高くなります。

ただ興味はあってもなかなかパートナーには言い出しにくいもので、特に露出や赤ちゃんプレイなどは、取り返しがつかないくらいドン引きされてしまいそうです。

でもそんな欲求を内に溜め込み続けるのも健全ではないですよね。
そんなときにも、性癖の一致しているセフレという存在は重要なのではないでしょうか。

本来のパートナーとは普通のエッチをして過ごしつつも、特殊な性癖への欲求はセフレと解消する。

それによってフラストレーションを溜めることもなくなりますし、パートナーに性癖を打ち明けて気まずくなる心配もありません。

普通はセックスの嗜好が合う相手を見付けるのは大変ですが、ネットでの出会いは希望する相手を見付けるのに向いていますよね。

サイトによってはSM好き専用の掲示板が設置されていることもありますし、そうでなくても「どんな性癖があるか」をしっかり書いておけばエッチの方向性が合わない人と知り合うことはなくなります。

さらに「どんなプレイでもOK!エッチな女性なら誰でも大歓迎!」なんて寛大な心を持っているなら

「変わった性癖をお持ちの方、どんなプレイでも合わせます。
あなた好みのエッチを楽しみましょう!」

なんて書いておけば、自分から性癖を言い出せない女性が興味を持ってくれる可能性が高くなると思いますよ。

セフレになる女性の心理のまとめ

セフレが欲しいと考える女性には、何らかの悩みや不満がある場合が多いです。

上記で紹介した満たされない寂しい気持ち、エッチへの好奇心や不満、周囲には言えない性癖などがその代表ですね。

出会い系に参加している女性がどんな理由で、何の悩みや不満があるのかをしっかりと見極めることで、長く関係が続く良いセックスパートナーになれますよ。

出会い系を上手に利用してエッチをしたい女性と知り合い、素敵な時間が共有できるといいですね。
 
セフレとの関係を長続きさせる方法はこちら。
→セフレとの正しい付き合い方

コメントを書く

コメント欄は必須です。