上手なセフレの付き合い方!キープのコツは距離感にあり

上手なセフレの付き合い方!キープのコツは距離感にあり

セフレとの付き合い方を難しいと感じる男性は、少なくありません。

「ワンナイトセックスはできるのに、うまくセフレキープができない」
「セフレにハマられてしまい、距離感の取り方が難しい」

セフレは雑に扱えば続かないのは当然ですが、付き合い方を間違えるとどっぷりハマられることも。

セフレとうまく付き合い続けるには、「適度な距離感を保つこと」が大切です。

では、具体的にどんなことに気を付ければいいのか?
セフレとは。どの程度の距離感を保つべきなのか?

今回はセフレと長く付き合いたい方に向けて、セフレキープのコツを女性目線でお伝えします!

セフレとはできるだけ関係を長く維持するのが、充実したセックスライフを送るコツです!

セフレとの付き合い方!キープのコツは距離感がカギ

恋愛感情に注意

セフレとの距離感って、なかなか難しいもの。

距離感はできるだけ、自分と考え方が同じ相手を選ぶのがベスト。
女性がセフレに望む距離感は、3パターンあります。

  • 1. セックスだけしたい。普段は連絡も取りたくない
  • 2. セックスもするが、友達としても付き合いたい
  • 3. 恋人とセフレの中間くらいが良い

1のセックスだけしたいパターンは、人妻のセフレなど既婚者や彼氏持ち女性に多いですね。

3のパターンは、寂しがりの女性やシングルマザーに多い傾向。

どのタイプも希望の関係と違うと感じると、別のセフレを求めます。

連絡の頻度やLINE・会話の内容から、相手の望む距離感を探りましょう。

ここでは、どのタイプともうまく関係をキープするコツをお伝えします。

だいたいの女性はこの3パターンのどれかです。
自分と価値観のあう相手とは、長続きしやすいですね。

恋愛の話をしない

セックスだけしたい。
例えそう思っていても、女性はエッチすると好きになりやすいです

私もセフレを好きになりそうで、怖くて自分で離れた経験が…
愛されないのがわかってましたし。

セフレを恋愛気分にさせないため、恋バナは絶対にやめておきましょう!

他の女性の話をするのも、変に対抗心を持たせるのでやめておいたほうが無難ですね。

セフレは面倒な恋愛感情なしで、純粋にセックスだけを楽しめるから気楽なんです。

連絡は取り過ぎない

相手の望む距離感にあわせるのは大切ですが、セフレと連絡しすぎるのもNG。

好きになっちゃうからですね。

エッチの時はイチャイチャしても、ホテルを出たら一線を引きましょう。

連絡を取るのは、必要なときだけ。
その分、会ったときは丁寧に扱ってください。

プライベートには干渉しない

セフレとは、生活と完全に切り離した関係がベスト。

会いすぎるのも、連絡を取りすぎるのもダメ。
気持ち良いエッチをするためだけの関係でいるのが正解です。

セフレとプライベートを切り離すため、暮らしや仕事・彼氏や夫の話は避けましょう。

もし相手がプライベートの話をしても、必要以上には聞かない。
ウンウンって聞いてあげれば十分です。

お互いに距離感を取りやすい相手を選べば、自然とセフレ関係は長く続くはずです。

セフレをキープするセックスとは

セフレとは恋人とはできないエッチが楽しめるのが利点

女性がセフレを持つ理由。
「寂しい」とか「満たされたい」とかもありますが…

セフレが欲しい最大の理由は、セックスが好きだからです!

人妻セフレは、夫のセックスに不満があってセフレを持つ人も。

その分、セフレには最初から最後まで最高のセックスを求めます。

ここでは、セフレをキープするためのセックスを紹介します。

前戯やアフターケアに手を抜かない

挿入だけで満足できるのは、男性だけ。
セックスは必ず前戯に時間をかけ、しっかりセフレも満足させてください!

相手の快感ポイントを探りながら、キスや愛撫を丁寧に。

気持ちいい手マンやクンニで、たっぷりイカせてあげましょう。

終わったあとも、手を抜かないこと。
セックスが終わったあとにタバコを吸ったり、スマホをいじったりするのはNGです。

丁寧なセックスを心がけることで、女性はあなたにまた会いたいと思うものです。

前戯とアフターケアに時間をかけると感度も上がり、セックスの満足度はMAXになります。

セックスをマンネリ化させない

ラブコスメの調査で、女性がセックスで不満に感じていることの1位はマンネリでした。

「キスからフィニッシュまで寸分違わぬ流れとペース配分。たまにはいつもと違うことがしたい」
 
「(略)マンネリを感じているのでたまには言葉攻めとか場所を変えるとか刺激的なセックスがしたいです」
 
「いつも同じところしか攻めてくれないので少し物足りない。(略)」
 
引用:ラブコスメ 女性がセックスで不満に感じていることトップ3と解決策

 
性欲が強く、気持ち良いプレイを追及したい女性は普通にいます。
でも彼に言って、引かれるのが怖いんですよね…

そこで便利なのがセフレ。

セフレとの繋がりって、セックスが全てです。
なのにセックスがいまいちだと…関係が続かないのは当然。

セフレとのセックスは常に最高を追及し、絶対にマンネリ化しないように!

おもちゃやアダルトグッズを試してみたいって女性は、かなり多いですよ。

積極的に、新しいセックスのレパートリーを増やしましょう。

たまにはセックス以外もする

セフレと必要以上に関わるのは厳禁。

そうは言っても「ヤるだけ」の関係に、寂しさや虚しさを覚える女性は多いものです。

デートとは言いませんが、たまには食事くらい楽しみたいですね。

ホテルで一緒に映画を見るとかもアリですよ。

ラブホにお泊りして、ご飯食べたり1日中セックスするのもマンネリ防止になりますね!

セフレキープしたいなら、してはいけないこと

恋人より繊細な関係であることを理解する

セフレの作り方は、実は難しいものではありません。

でもせっかくできたセフレを最初こそ大切にしていても、だんだん付き合い方が疎かになる男性も少なくありません。

長く関係を楽しむには、以下に気を付けてください。

セフレだからと雑に扱う

セフレは、セックスだけという繊細な関係。
だからこそ、雑に扱うのはNGです。

「セフレはセックスのための関係だから、エッチだけすればいいや!」

こんな自己中なセフレ、女性的には絶対イヤですね。

女性は、男性ほど性欲に忠実になれません。
だからこそ、セックスだけの関係が突然虚しくなりがち。

一方、セフレに丁寧に扱われると関係に虚しさを感じにくいです。
「求められてる」って感じがしますからね。

恋人みたいに、プレゼントなどは不要。
でも会っているときは恋人よりも気遣う気持ちが大切です。

セフレがいると言いふらす

「実は今、セフレいるんだよね!」

ついつい自慢したくなる男性、危険ですよ。
ネットで知り合った相手でも、どこで誰と繋がってるかわかりません。

私も偶然会ったセフレの友だちに「あ、噂のセフレ?」って聞かれたことが。
気分的に、最低な状況になりました…

女性としては、セフレ持ちってことは友だちにもバレたくないです。

2人の関係を誰にも言わない、口の堅さを持ちましょう。

セフレとの良好な関係を維持したいなら、細かい気遣いが大切です。

知り合いをセフレにする

一度セフレができると、もっと欲しくなる男性は少なくないです。

でも幅を広げ過ぎて、友だちや同僚など、元からの知り合いをセフレにするのはリスキーです。

周囲に関係がバレやすいし、恋愛感情を持たれたときに切りにくい。
普段の姿を知ってると、エッチも心の底から楽しめないし。

プライベートの干渉なく、セックスのときだけ会えるのが長続きするセフレです。

知人以外をセフレにする方法は、ナンパか出会い系ですね。

ナンパは成功率が低いので、ネットの出会いを上手に利用しましょう。

まとめ

セフレとは適度な距離感を持って付き合おう

セフレは友だちや恋人とは違い、セックスだけで繋がる特殊な関係です。

ベタベタ彼女のようにすると、トラブルの元に。
かと言って、やり捨ては反感を買います。

セフレを長持ちさせるには、一定の距離感を持って、楽しく会うことを意識するのが大切。

同じセフレと長続きすると、どんどんエッチが気持ちよくなりますよ!

あなたもセフレ維持のため、相手が気持ちよく過ごせるように配慮してください。