セックスフレンドとの付き合い方。適度な距離感が大事です

階段に足を広げて座る女性

セフレとは「セックスフレンド」の略語。
セックスだけ楽しむことを目的とした関係です。

恋愛抜きで体だけ繋がっている」ところが特殊なところ。

セフレ関係は、不安定で長続きしにくいと言われています。
面倒がなくセックスまで早い関係ですから、男性からすると長続きさせたいのが本音。

セックスや付き合い方に対する考え方は、個人によって違うものですが、「トラブルなくお互いが満足できる関係」を維持するためには、適度な距離感が大事なんです。

セフレとの距離感の取り方や付き合い方を、女性の私が過去のセフレとの経験を踏まえてお伝えします。

セフレとの距離感に注意さえすれば、お互い良好な関係を維持できますよ。

セフレといる時は、恋人のように過ごそう

下着姿で寝そべる女性

セックスフレンドは恋人ではないけれど、会えば体を重ね、濃密な時間を過ごす相手。

その場限りの関係で終わらせず、良好な関係を続けたいものです。

セフレといる時に、お互いに気持ちよく過ごすためのコツが下記です。
 

性欲よりも、心の隙間を埋める付き合い方が大事

まず、セックスそのものに対する考え方。

単純に「性欲を発散したい」男性とは違い、女性は「寂しさを埋めるため」が多いです。

理解しがたいかも知れませんが、これは女性特有の感情。

特に出会い系サイトに多い人妻は、寂しさや生活の不満など、満たされない気持ちをセックスで埋めようとします。

しかし男性と同じく、性欲を解消するためだけにセフレを作る女性もいます。

  • 寂しさを埋めたい女性
  • 性欲だけ解消したい女性

 
どちらのタイプの女性でも、二人きりの時間には、恋人のような態度で接してください。

細かな気遣いはもちろん、出来るだけイチャイチャするのが良いですね。

丁寧に、レディのように扱われて悪い気分になる女性はいませんから。

クールに「エッチさえできれば良い」なんて態度を取る女性がいても、恥ずかしさから意地を張っているだけの可能性があります。
 
大抵の女性はツンデレなんですよ。

セックスの前戯は丁寧にする

セックス中、あなたが丁寧に前戯してくれているか、というのは女性に伝わります。

あなたは挿入・射精で満足しても、女性にとってはそこに至るまでの過程の方が大切。

挿入だけでイケる女性は少ないですから、前戯で感度を高めるのはとても大事なんです。

優しく触れて気分を盛り上げてこそ、女性は気持ち良くなれるということを理解してください。

あなたの前戯でセフレ女性が心から満足すれば、あなたから離れられず、長く良い関係が築けますよ。

あなたとは肉体関係だけで繋がっている事実を忘れないようにですね。
気持ちいいクンニのやり方を参考に、相手を虜にしちゃいましょう。

気楽なセフレ関係を維持するポイント

「今日はなんだかムラムラするな〜。セフレを呼び出してセックスするか」
 
これくらい気軽に、セフレをキープして付き合えたら理想です。

気楽なセフレ関係を維持するため、セックスを離れた普段の生活で、どの点に気をつければ良いかをお話します。

距離感は適度に保つこと

まず何よりも大切なのは、相手の女性がどんな関係を望んでいるのか見極めること。

  • 1. セックスだけしたい。普段は連絡も取りたくない
  • 2. セックスもするが、友達としても付き合いたい
  • 3. 普段は連絡を取りたくないが、会う時はイチャイチャしたい

 
セックスフレンドの関係では、上記3パターンのどれかに当てはまる事が多いです。

1のタイプに普段も親密さを求めると嫌がられ、関係を切られてしまいます。

2のタイプはちょっと注意が必要。
普段のコミュニケーションは、できる範囲で対応してあげれば良いと思います。

ですが、過剰に好意を持たれても面倒。
毎日連絡を求めるタイプの女性なら、お別れしてしまうのも一つの方法ですよ。

セックス出来なくなるのは残念ですが、後々面倒な事になる可能性は否定出来ませんので。

ちなみに私は3のタイプ。 
性欲が高いので、一回のエッチでは満足しきれないんです。

長くセフレ関係を続けた男性は、連続してエッチができるほどの精力はありませんでした。
ですが、1時間ほど休憩を挟むともう一回可能に。
 
私と会う日には3時間近く時間を作ってくれて、2回戦もでき、とても満足できました。

相手がどの距離感でいたいのかを確認するのがいいですね。

お互いが無理なく関係を続けられる距離感を保って、セフレ関係を維持してください。

セフレから恋愛関係に発展させないこと

  • ただのセフレだったはずなのに、体の関係を重ねるうちに情が移ってしまった…
  • なんとなく日常的に連絡を取ったりデートするようになり、いつの間にか付き合っている状態に…

 
どちらも別に、珍しい話ではないんです。
セックスは本来、愛し合う男女がするもの。

そして、同じ相手と何度もエッチをしていると、愛し合っていると脳が勘違いすることがあるんです。

特に友達からセフレになったパターンだと、恋人関係に発展しやすくなります。

「セフレから恋人になれば身体の相性も良さそうだし、なにか問題あるの?」

そう思うかもしれません。
ですがこれ、問題大アリなんです!

セフレのメリットを思い出してください。

面倒な恋愛抜きで、セックスだけ楽しめる楽な関係がメリットだったはず。

恋愛関係になってしまったら、嫉妬独占欲が生まれます。

「最近連絡が取れない」
「エッチの回数が減った…」

セフレの時にはなかった不満が出てきて、結局上手く行かなくなるのはよくあること。

不倫カップルがめでたく結ばれても、また浮気を疑って破局してしまうのと同じですね。

セフレのままでいればお互い充実したエッチを楽しめたのに、恋人になったばかりに面倒な関係になってしまうのがオチ。

楽なセフレ関係を求めるなら付かず離れずの関係を維持して、恋愛関係に発展させないほうが、長期的にセックスを楽しめます。

セフレ以上の関係を期待されていると感じた場合には、さりげなくかわしましょう。

しつこく連絡をしてくるようになるなど、ストーカー化の傾向が見られた場合には、早めに関係を切ってくださいね。

怪しい兆候を感じたら関係を解消して、出会い系サイトで新しいセフレを探した方が、安心して楽しめますね。

長続きするセフレ女性を探すコツ

下着とガーターベルトで股を開く女性

長続きするセフレを探すには、あなたの周囲にいる女性“以外”とセフレになるのが理想。

ナンパも良いのですが、成功率がかなり低く効率が悪いので、ネットの出会いを上手に活用しましょう。

出会い系は、アダルト掲示板があるので、エッチOKの女性を探しやすいのがいいですね。

セックスフレンド」を前提として出会うことが可能なんです。

サイトの掲示板やメールで女性にアプローチをするときに、下記の例文のように書いてください。

お互いの都合が合うときだけ、素敵な時間を過ごせる関係を築ける相手を探しています。

 

プライベートには干渉せず、二人だけの時間を大切にできる相手を募集しています。

 
少しロマンティックな雰囲気を出しつつ、大人の関係をほのめかすのが良いですね。

プロフィールに「恋愛相手は求めていません」とハッキリ書いてしまうのも効果的。

親密な関係を築きたい女性からのアプローチを避けることができます。

とことんドライな関係を望むのであれば、彼氏持ち・人妻を狙うのも◎。

パートナーがいる女性なら、あなたの日常に踏み込みたいとは思っていません。
極力あなたの存在を隠そうとするのが普通ですからね。

私も彼氏がいるときのセフレとは、できるだけ連絡を取らないようにしていました。
つまり最低限の関わりだけで、エッチを楽しめる関係になれると言うことです。

適度な距離感を保てないと、関係がこじれるので注意

割り切ったセフレをゲットしたと思っても、油断は禁物。

人の気持ちは変わるものです。

気がついたらナアナアの関係になっていて、お互いどういう距離感なのかわからなくなってしまい、こじれることも。

単なるセフレだと思っていたのに、相手は付き合っていると思っていた…
 
こんな面倒なことになりがちです。

これでは、せっかくセフレができても、トラブルになって疲れてしまいます。

  • エッチの時はイチャイチャしても、ホテルを出たら一線を引く
  • 普段の連絡を取る時も、過剰に馴れ合わないよう気をつける

 
上記のような、細かいことに気を払うのが大切なんです。

セフレとの適度な距離感を保つために、大事なこと。
それは、あなたが流されずに、気持ちを割り切って付き合う事です。
 

まとめ

セフレとは、友達でも恋人でもない特殊な関係。
希薄な関係と思われがちですが、しがらみがないのが逆に良いところ。

他の人には見せられない、本当の自分を見せることができる特別な相手とも言えます。

特別な相手と良好な関係を続けるためには、適切な距離感を保つことが大切。

不安定な関係ではありますが、お互いが最高のセックスに没頭できるよう、お伝えしたことに配慮して良い関係をキープしてくださいね。

具体的なセフレの作り方は、女性が教えるセフレの作り方に詳しく書いています。
ぜひチェックしてください!