【女性が解説】気持ちよくなるクンニのやり方・イカせ方

女性が解説!クンニのやり方
「結構長くクンニしたのにイカなかった…」
「また舐めてって言われないのは、やり方が間違ってたから?」

そんな悩みを持つ男性も多いハズ。

クンニは少しハードルが高いイメージから、積極的にはやらないという人が多いですが、出来ればクンニして欲しいというのが女性の本音。

ただし、本当に気持ちよくさせてくれる男性が少ないというのが現実です。

そこで、女性の私が「もっとして欲しい!」と思えるような、気持ちよくなるクンニのやり方やイカせ方を説明します!

クンニで気持ちよくさせるテクニックをマスターすれば、一夜限りの関係からセフレへと発展しやすくなりますよ。

ただ舐めるだけじゃダメ!女性が気持ちよくなるクンニのやり方4つ

ただ舐めるだけじゃダメ!女性が気持ちよくなるクンニのやり方4つ

クンニはただ舌だけを使えばいいと思っている男性も多いんじゃないでしょうか?
でも、ただ舌でやみくもに舐めるだけじゃ女性は気持ちよくなれません。

クンニにいくまでの過程や言葉も必要なんです。

そこで、女性が本当に気持ちよくなるクンニのやり方を4つ紹介しますね。

女性の身体をエッチモードにしておく

女性が気持ちよくなるためには心からリラックスした状態でなければいけません。
いくら物理的に刺激をされても、精神的に落ち着いた状態でなければ気持ちよく感じる事はできないんです。

クンニの場合は男性の顔がアソコの目の前にあるため、間近で見られて恥ずかしいという思いや、臭いがするんじゃないかという心配から落ち着かない気分になる女性がほとんど。

そうなると集中できずに、いくらクンニをされても気持ちよくなれません。

逆を言えば、女性はエッチモードに入ると何をされてもそれが快感に繋がるようになります。
そこで、クンニをする前は女性の身体をたっぷり愛撫して、エッチなスイッチを入れてあげましょう。

首や背中を撫で、そこから全身を舐めていきます。
身体全体を舐められるとクンニへのハードルも下がるため、一石二鳥です!

舌をたくさん動かして!深くなぞるように

クンニで重要なのはもちろん舌使いですが、ただ舐めればいいと思っている男性が多いです。

正直、私からすると、ただ舐められるぐらいなら指で触ってもらった方が余程刺激になるし感じます。

クンニの良さは、舌の生温かさや少しザラりとした感触。
そして指で触られるとちょっと痛い部分でも、舌だと柔らかくて安心できるところです。

意外と知らない男性が多いんですが、クリトリスや穴の中以外も女性にとっては性感帯なんですよ。

特に小陰唇の溝の部分や膣の入り口周辺を深くなぞるように舐められるとすごく感じます。

女性器図解

溝の部分は女性自身もお風呂で洗う時ぐらいしか触らない場所だし、指だと少し痛いので、クンニならではの責め場所です。

チロチロと小刻みに舐められるよりも、深くねっとりとなぞるように舐め上げられるのがとても気持ちいいですよ。

穴舐めのコツは「お汁をすくう」

穴舐めのコツは「お汁をすくう」

「女性の性器にむしゃぶりつきたい!」って言う男性多いですよね(笑)
でもこの表現、あながち間違ってはいないんです。

クンニで穴責めをする時はまさにこのむしゃぶりつくように「お汁をすくう」が一番女性は興奮します。

穴の中に舌を出し入れする男性がたまにいますが、正直それをするなら本物を挿入してもらった方が感じるというのが女性の本音です。

「お汁をすくう」とは文字通り、女性の愛液をすくうように舐めたり吸ったりする事です。

女性は物理的な刺激だけじゃなく音や雰囲気でも感じます。

クンニされている時にブチューッと自分のお汁を吸われたり、ビチャビチャと音がするだけで快感は高まり、そんな音が出るまで濡れてる自分への羞恥などから更に敏感に感じるようになるんです。

息遣いも感じる!言葉もポイント

クンニをする時って、どうしても無言になりがちな男性が多い気がします。

夢中になっていたり、たくさん愛してくれるのは嬉しいのですが、クンニだからこそ言葉を使った方が女性を喜ばせる事ができるんです。

クンニ中は男性の口元が女性のアソコの目の前にありますよね。
実は女性のアソコって息をかけられるのにすごく弱いんです!

私もそうなのですが、クンニ中に男性が話すと生温かい息が膣の中に入ってくる感じがして、とにかくぞくぞくしてそれだけで気持ちよくなってしまいます。

更に「目の前に○○ちゃんのおまんこがあるよ」なんて改めて言われると、恥ずかしさや男性の息遣いでもっとビチョビチョに濡れたエッチなアソコになっちゃいます(笑)

クンニでイケたら次回もセックス確定!クンニでのイカせ方

クンニでイケたら次回もセックス確定!クンニでのイカせ方

女性がクンニでイクのは完全に身体がエッチな状態になっていて、男性を受け入れている証拠です。

自分のクンニで女性がイった瞬間を見る事ができたら、達成感や喜びも大きいですよね。
セックステクニックの自信にも繋がります。

それに目の前でヒクヒクする女性のアソコを見るのは、とてもエロいですよ(笑)

そこで、ぜひ試してほしいクンニでの具体的なイカせ方を紹介します!

イカせる時は舌は動かさないのが基本!

クンニ中はたくさん舌を動かして気持ちよくさせてほしいですが、実はイク時は舌の動きを止めてほしいのが女性の本音です。

男性もイク瞬間は身体の動きを止めますよね。
それと同じで、女性も徐々に気持ちよくなっていって「イっちゃう!」って瞬間は止まります。

それにせっかく気持ちいい部分に舌が当たっていてイキそうになっているのに、動かされてしまうと波が引いてしまって、イケない場合もあるんです。

もし女性がイキそうになっていたら、感じているポイントにぎゅーっと強く舌を押し付けたり、動きを遅くしてみてください。

そうすれば、女性の方からこすりつけるように腰を動かしてイってしまうはずです。

やはり王道はクリトリス

男性が思っている以上に、実は中イキできる女性って少ないんです。
イっているように見えてもただ感じているだけであったり、演技の可能性も…。

本当にクンニでイカせたいならやはりクリトリスが間違いありません。
イカせる場合は、下からなぞり上げられる舐め方が一番感じます。

クリトリスは基本的に男性の性器とほぼ同じだと考えてください。
自分が女性からフェラされる時に気持ちいい部分は、そのままクリトリスに通用します。

裏筋をなぞったり、パクっと咥えたり、上下に動かしたり、これを舌の動きだけでとにかく集中してクリトリスだけを責めます。

そうすれば、中イキ出来ない女性でもクンニでイケるようになりますよ。

強弱が大事!快感の波を利用する

強弱が大事!快感の波を利用する

女性の感じ方は波に似ています。

気持ちよさがじわじわ高まってきたと思ったらサーっと引いてゆき、また上がってきては下がり、それを繰り返す事で次にくる波がどんどん強くなって、最終的にイキます。

そのため、クンニの時にずっと同じ動きをされていても、なかなか次の波がこなくてイケない状態になる事があります。

クンニでイカせるには舌の強弱がポイントです。

強く刺激し続けた後は弱くして、女性が焦れてきたらまた強くして、それを繰り返す事で強制的に女性に快感の波をつけさせます。

激しく刺激していたのが突然止まって、次はねっとり舐められて、じわじわ気持ちよくなってきたところをまた強く舌で刺激されたりすると、私なら絶対イっちゃいますね(笑)

まとめ

クンニだけで満足できることを知っている女性は多くはありません。
しかし、一度その快感を知ってしまうと虜になること間違いなしです。

男性のやり方次第で女性をクンニ好きにする事は可能です。
ここで紹介したテクニックを使って、女性をたくさん気持ちよくさせてあげてくださいね!

クンナー・舐め犬と言われるほど、クンニ好きになっちゃうかもしれませんよ(笑)

他にもセックススキルを磨く方法はこちらです。
→女性が喜ぶセックステクニック