引きこもり巨乳女性を都合のいいセフレにできた体験談

引きこもり巨乳女性を都合のいいセフレにできた体験談

こんにちは、コーヘイです。
地方出張が続くと方言やイントネーションがうつってしまい、東京出身なのにも関わらず地方出身者と間違われる事が多いです(笑)

催事関連の仕事で1年のほとんどを地方で過ごしているせいか、久々に東京に戻ってきても飲みに行ける友人も片手で数えられる程度…
30歳を超えたあたりから結婚をする友人も増えてきたため、独りで過ごす回数も増えてきました。

自然とワクメを使う機会も増えてきますよね(笑)

引きこもり的な生活をしている30代の女性とメル友に

今回連絡を取っていたのは、品川に住む30歳の独身女性。
きっかけは、彼女の「メル友募集」の投稿にメッセージを送ってからでした。

その時は東北地方を周っていて、東京に戻るのも2ヶ月以上先の予定だったので…
「帰った時に飲みに誘える友達をキープできたらいいな〜」程度の考え。

特に焦っていなかったのが功を奏したのか、ガツガツしていない感じが好印象だったらしくスタートも好調でした。

しばらくはメル友として空き時間にメッセージを交換。
いつも返信が早かったので(平均5分以内に返信。遅くても1時間以内)最初はニートかな?と勝手に考えていましたが、しばらくメールのやり取りをしてわかった事は…

  • 仕事はフリーランスの翻訳家
  • 基本的に自宅で作業しているので、常にパソコンに向かいっぱなし(だから返信も早い)
  • 独立して5年目。仕事は順調だけどプライベートが引きこもりになりがち…
ワクメでニート女性とやり取り

仕事が自宅で完結するため、通勤時間は当然ナシ。
打ち合わせもスカイプやメッセンジャーを使っているので、直接、他人と会う必要も無し。

買い物はamazonや楽天で、食料品はイオンの宅配を利用。
給料もネットバンキングを使って受け取り…と。

仕事は特殊な内容の上、1日12時間近くは働いているので、普通の会社員とは比べものにならないほどの年収だそうで…
とは言え、さすがにこのままの生活を続けていてはいけない…と思ったらしく、とりあえず出会い系に登録して仕事とは無関係な話し相手を探していたようでした。

なんだ?この生産的な引きこもり女子は?(笑)

自分のような地方都市をドサ回りしている生活とは真逆のライフスタイル。
逆に彼女も自分の仕事や生活に興味を持ってくれたため、仲良くなるのは早かったですね。

次第にメールだけで無く、LINEの無料電話を使って直接話をするようにもなりました。
声の感じも悪くないし、思っていたより社交的な印象。

「東京に戻ったら飲みに行きませんか?」という誘いも快諾してくれて、ちょっとした遠距離カップルのような雰囲気にもなっていました。

ぽっちゃり系の巨乳女子ゲット♪

待ち合わせは「大井町駅のブックファースト」に夜7時。

彼女の家が東急大井町線沿いだった事と、待ち合わせ時間に遅れても暇つぶしができる場所で決定。
先にお互いに目印になる服装の情報を交換しておきました。

余談ですが、最初は品川に住んでいるなら品川駅待ち合わせ…と考えていましたが、実は品川駅は港区(彼女の家からちょっと遠い)という、ローカルなあるあるネタをやってしまいました(苦笑)

品川でニート女子と待ち合わせのラインを重ねます

待ち合わせ場所についてメッセージを送ると「近くにいるのですぐに行きます」との返事。
しばらくすると、目印の服装をしたぽっちゃり気味の女性が声をかけてきました。

「こんにちは。コーヘイさんですか?」

「はじめまして。○○さんですね。よろしくです。」

「久しぶりに外に出たから人混みで疲れちゃって。トイレの前のベンチで休んでました。」

「ホントに引きこもりみたいですね(笑)じゃあ、たまには外で美味しいものでも食べましょう」

「良いですね。楽しみにしていたんですよ。よろしくお願いします。」

ぽっちゃり系だけどデブスというわけでも無く、「篠崎愛」とかのムッチリ系。

良い感じの巨乳具合にテンションが上がりました!

せっかくのデートだったので、雰囲気も良くてコスパも良い「ポワソンルージュ」というビストロへ。
フレンチ系の割に気取った感じもなく気楽に使えるので、女の子と食事に行く時には重宝しています(笑)

彼女も久々の外食がフレンチだった事が嬉しかったらしく

「独りで食事していると、簡単なお惣菜で済ませがちだから…。」

と終始ご機嫌な様子。
緊張のせいかちょっと堅苦しい喋り方をしてはいましたが、特に問題なく楽しい時間を過ごしました。

ご無沙汰だったドM女子にイラマ&バック攻め

食事が終われば、後は大人の暗黙の了解…なのはお互い様。
最初は照れていたのか、

「コーヘイさんってそういう人だったんですか?」

と拒否的な事も一応は言われましたが…最終的には「ホテル・ミレイ」へ。

そういう人だから、ワクメで出会いを探していたんでしょうが!(笑)

部屋に入ると、食事の時の緊張した口調とは一転。
甘えた声を出しながら抱きついてきました。

「エッチとか久しぶりだし、上手くできるかわからないけど…。」

「今日は任せてくれて良いよ。そんなに緊張しないで。嫌いじゃないんでしょ?」

「好きは好きだけど…。誰でも良いってわけじゃないし…。」

「ありがとう…って言っておけばいいかな?(笑)」

そのままベッドに押し倒して、巨乳を揉みしだきながらディープキスをして様子を見ます。

久しぶり…と言っていた割に、感度も悪くありません。
乳首を触るとビクっとして体を反らせて甘い声を漏らします。

巨乳を揉みしだきながらセックスに期待

お腹のお肉は運動不足なので仕方ないのかな?…という感じですが、抱き心地も悪くないしマンコも良い感じに濡れています。

「○○さん、もしかして、普段は独りでしてるの?」

「…え?やだ、そんな恥ずかしい事聞かないでください。」

「でも、エッチしてないのにこんなに濡れているのって…。嘘ついているなら辞めるよ。セフレいるの?独りでしてるの?」

「…ひ、独りで…時々。生理前とか…。」

言葉攻めにもナイスな反応。
Mっ気も強そうで育てがいがありそうです。

それなら…って事で、頭を押さえつけてイラマチオをさせましたが、ここでも嫌がる様子はなく、そのまま口に1回。

さすがに生ハメは遠慮してしまいましたが、バックで挿れた瞬間のビクっとした反応とちょっと痛いぐらいの締め付けにうっかり、ゴムの中で暴発…。

久々のセックス…というのはホントだったようで、そのまま半分意識が飛んだ状態でしばらく息を切らせていました。

女の底なしの性欲を垣間見た瞬間

それからしばらくの間は、食事の後にラブホに行ったり、仕事帰りに彼女の家に泊まりに行くようになったり…と、かなり都合の良いセフレ状態に。

セフレにできそうなセックスだけの関係だったが…

仕事の疲れも、巨乳の間に顔を埋めているとすぐに癒されますね(笑)

しかし元々自分の仕事が地方に行くことが多く、会う頻度もそれほど多くは無く。

その間に社会復帰…と言って良いのか外出する機会が増えたようで、どうやら自分とは別の男とも付き合っている気配…

元々、正式に付き合っているわけではなかったとは言え、隠し事をされるのもなぁ…と思い、問い詰めると案の定。

浮気をされた…ってわけでは無いにしても、何かイラっとしてそのままベッドに押し倒すと、何か期待しているかのようなドMの目つきに。

女の性欲って底なしだな…と思った瞬間ですね(笑)

一応、やる事はやらせて貰いましたが、悲しい事にセフレとして付き合っていて過去最高の盛り上がりでした。

ネトラレ…ってやつですかね?
そっちの趣味は無いと思っていたのですが(笑)

その後、どうやら例の男と正式に付き合う事になったようで、音信不通に…

結果的に振られた形になりましたが、丁度次の催事会場へ向かうタイミングだったので、身も心も軽くなった…と前向きに考えて、次の相手を探す事にします。

セックスに飢えた人妻を探せる出会い系サイト→ワクワクメール