シングルマザーはヤリやすい!東京でセックスした出会い系体験談

シングルマザーはヤリやすい!東京でセックスした出会い系体験談

「シングルマザーって遊び相手に良いって、このサイトに書いてあるけどホントかな?
…の前に、出会えるチャンスが無いか…(笑)」

同僚と渋谷のムーンウォークで飲みながら、こんな話で盛り上がりました。

確かに、都合よくセックスできて後腐れのない関係は男の夢。

そんな話、ドラマか小説の中の話だろう…と、自分も最近までは同じような考えでした。

ワクワクメールに登録する前まではね(笑)

出会い系にシングルマザーの登録者は多い

プロフィールを見ると、シングルマザーは結構多いです。

単純に遊びたくて…という人や生活費の足しに…とか動機は色々。

ですが共通しているのは「子供優先だから私生活には関わらないで欲しい」という点。

お互いのプライベートを尊重して会える。
それは遊び相手としては都合が良いでしょう。

…って、思っていると。

火傷しちゃうこともあるから注意も必要ですが(笑)

ワクワクの「すぐに会いたい」掲示板で出会ったシンママ

仕事も一息ついて気分転換に飲みに行こうと思ったものの、この日は水曜。

うちの仕事は曜日が関係ないので、平日の変なタイミングで休みが出来るときがあります。

友達を誘おうにも、平日の夜ではタイミングが悪く…。

ワクワクメールを活用する事にします。

掲示板を見ると、女性の方からの募集もちらほら。

この時は時間も無かったので「すぐに会いたい」の掲示板にいた、歳の近い女性の募集にメッセージを送信。

すぐに反応があったので、目印になる服装と条件を確認して、渋谷駅で待ち合わせの約束をします。

場所はいつもの交番前に決定。

プロフィールを見ると「バツイチ・子供あり」の文字。

いわゆるシングルマザー。
年齢は33歳で自分よりちょっと下。
子供はまだ小さいようです。

写真があったので見てみると、茶髪をお団子にまとめた髪型。

服装はラフな感じで、悪くはありません。

メッセージで「お時間あったら食事もどうですか?」と追記しておいたら、次の日が休みだったようで快諾でした。

シングルマザーはストレスが多いので、セックスまで早い

約束の場所に先に来ていた服装の女性に声をかけると、ちょっと疲れ気味の表情。

髪型は違いましたが、写真の人と同じ人。
反応が薄いので最初は間違えたかな?と。
 
 
「○○さんですか、こんばんは」

「…。」

「あ、スミマセン。人違いでしたか…」

「…いえ、○○です。よろしくお願いします」
 
 
お酒よりもご飯が食べたい…という事で、女子ウケの良い「BEE HOUSE」をチョイス。

チーズとはちみつを使った料理が売りで、料理も結構美味しい店です。

料理をつまみながら世間話。
内容を簡単にまとめると…

  • 離婚して半年。子供は3歳の男の子が一人。
  • 前の旦那は契約社員…だが、実質は無職で働かず。
  • 離婚を機に介護職に転職。実家の母に育児を手伝ってもらいながら生活。
  • 生活苦と将来への不安。日常のストレスを解消したくて出会い系に登録。

加えて、普段は仕出しやコンビニの弁当ばかりで、おしゃれな店での食事は久しぶり。

美味しい料理と店の雰囲気に、疲れと緊張で硬かった表情もだんだん柔らかくなっていきました。

場も温まってきた頃合いにホテルに移動。

セックスもご無沙汰だったらしく、割り切りとはいえ彼女も楽しんでいたようでした。

シングルマザーとラブホエッチ

相手の反応が良いと自分も盛り上がってしまい、口に1回とゴム付きで2回。

気がついたら終電ギリギリの時間になり、二人して慌ててしまいました。

久々のデートがとても楽しかったらしく、彼女の方から積極的に「連絡先を交換して欲しい…」と言われ、LINEを交換。

介護の仕事はシフトが不規則な上、休みの日は基本的に子供優先。

タイミングが合う時にまた遊びに行きましょう…と約束してこの日は終了。

通い旦那状態のセフレに…

しばらくして「子供が幼稚園で日中にいないから…」というメッセージ。

その日は平日の日中でしたが、タイミング良く休みだったので彼女と待ち合わせをする事に。

最初は渋谷あたりでデートしてホテルへ…と思っていましたが。

子供の迎えの時間もあり遠出ができないので彼女の自宅へ…という、まさかの展開。

子持ちの主婦とLINEでやり取り

場所は多摩地域の某住宅街。
こじんまりしたアパートでした。
 
 
「来てくれたんだね。ありがとう」

「ちょうどタイミングもよかったしね。また話したかったし」
 
 
迎え入れてくれたかと思ったら、ドアを締めるなりキスのおねだり。

まるで付き合いたてか新婚カップルのような歓迎を受け、そのままリビングへ。

案内されて上着を脱ぐと、甲斐甲斐しい妻のようにハンガーにかけてくれます。

表情をみると既に期待して待ちきれていない様子。
高揚しているのがわかります。

遮光カーテンを閉めると、彼女はゆっくりと抱きついてきます。

さも当然のような仕草に、若干驚きながらも「据え膳食わぬは…」の精神で対応。

抱き寄せてそのままソファーに押し倒します。

相手の生活空間でエッチをする…というのは何回やっても興奮します。

彼女の衣類や生活雑貨、散乱した子供のおもちゃが目に入ると、

背徳感と一緒に感じる何とも言えない優越感。

下着の間から指を入れると既に準備はできています。

さらに手を動かすと彼女の身体も動き、近所に聞こえないように口に手を当てて喘ぎ声を押し殺している姿がS心に火を付けます。

そのまましゃがませて服を着たままで口に1回。

寝室は子供と寝るところだから…と、そのままソファーで1回。

シングルマザーの自宅でセックス

15時を過ぎる頃、子供の迎えがあるから…と乱れた髪を直して、母親の顔に戻ります。

近所の人に見られるかもしれないからと、自分だけ独りで先に帰りましたが…

この緊張感も何度経験してもワクワクします。

その日をきっかけに、子供のいない時間を狙って彼女の家に行くように。

お泊まり保育の日は朝まで気分転換に付き合いました。

付き合いが3ヶ月くらいになる頃には、食事の用意ができていたり風呂の準備ができていたり。

まるで通い婚をしているような状態に…。

距離が近くなり過ぎるのも問題

都合の良い関係…というのも、あまり長続きしないのもので、その頃になると彼女に変化がでてきました。
 
 
「たまには買い物デートしたい」

「子供に会って欲しい」

「生活も苦しいから一緒に住んで家賃を節約したい」
 
 
と口にするように。
最初は冗談交じりでしたが、日に日に真面目な口調になってきます。

決定的だったのは…

「たまには掃除してよ!」

これでは完全に同居人か旦那扱い(笑)

まだ結婚は考えていないし、まして今までセフレだと思っていた相手。
決心はできません。

自分でも無責任な事したな…と反省する点はありましたが、これ以上、関係を続けるのもお互いに良くないと思い。

その場で別れ話を切り出す事に。

彼女も多少は動揺していましたが、どこかで察してはいたのでしょう。

「…。じゃ、最後に一回だけ…。」

帰り際に玄関で軽いキスをされました。
以後、音信不通に…。

シンママ出会いの反省とその後

相手の生活空間に入ったのは初めてではありませんが、必要以上に入り込んでしまっていた点は素直に反省しています。

都合よく遊べる相手ができて(しかもメシ付きでホテル代もかからない)浮かれていたのは間違いありません。

やはり親しき中にも礼儀あり、出会い系には節度あり。

お互いの距離感を間違えなければシンママとの付き合いは悪いものではない…という事はわかったので、この反省は次に活かそうと思います!

シンママと会える→セフレ掲示板