ハッピーメールで募集したら、その日に自宅に来た女子とエッチした体験談w

ハッピーメールで募集したら、その日に自宅に来た女子とエッチした体験談w

とにかく誰でも良いからセックスしたい!と思った時、とにかく便利なのが出会い系サイト。

前回は出張という事で、札幌でセフレ探ししました。

爆乳女子とのブルンブルンセックスを楽しむことが出来たので結果オーライなんですが(笑)。

しかし、基本的に私は両刀使いです。
ナンパと出会い系は並行して利用した方が、効率良く女の子と出会う事ができるんです。

いくつか有名な出会い系サイトを登録しているんですが、たまぁ~に物凄くラッキーな女の子に出会う事ができるのでとても重宝しています。

というのも、いきなり自宅近くに呼んでそのままセックスして解散!みたいな流れが作れることがあるんです。

今回はヘビロテしている出会い系サイト「ハッピーメール」を利用して、簡単にタダマンさせてくれた女の子との出会い系体験談をお伝えします。

県境の自宅場所を利用する

私は東京にある狛江という田舎に住んでいます。

地方に住んでいる方なら、「都内なのに田舎とか言ってんじゃねーよ!」とか思っていませんか?

狛江市は東京都なのに田舎なんです!!
全国で見ても、狛江市は2番目に面積が狭い市になるんですよ!!

私が1人暮らしを始める際、あまりお金が無いのにも関わらず、東京に住みたいという願望を実現するために狛江を選んだのですが、正直全然東京都な印象を持ちません。

ただ、女の子と出会うのには結構ベストな立地だったりします。

東京都狛江市は神奈川との県境に位置します。

電車は小田急線しか走っていませんし、各駅停車の電車しか止まらないのですが、新宿に一本で行けます。

そういった背景から、新宿でナンパするも良し、一応都内に住んでいるので都内に住んでいる女の子と待ち合わせするも良し、神奈川もすぐそこなので神奈川に住んでいる女の子と約束するも良し。

フットワークの軽さと女の子と出会うためのツールさえ用意しておけば、いくらでも出会いを実現することが出来る場所。

出会いを探せる場所へのアクセスがしやすい環境ということですね。

狛江市に限らず、女の子と出会いたいと考えた場合、自宅が県境にあるだけでだいぶフィールドを広げて考える事ができるのでオススメですよ!

早速、東京と神奈川の両方からハピメを利用して女の子を探します。

ハピメでヒマしてる21歳フリーターから連絡が

ハッピーメールの掲示板に「今日めっちゃヒマだわぁ~」みたいな書き込みを行い、並行してプロフ検索から都内と神奈川両方を検索して女の子にアプローチを掛けます。

20歳から26歳くらいまでの女性で即会いできる女の子を探していたのですが、中々プロフ検索からメッセージを送っても条件に合う女の子が見つからない…。

せっかく知り合ったので焦ることなく連絡先の交換をして、長い目を見て関係を築いていくことも出来るのです。
出来るのですが。
 
 
 
私は今日!今!!セックスしたいんです!!!
 
 
 
朝10時からハピメを覗き始め、早2時間が経過しようとしています。

あまりにも時間が掛かり過ぎてしまうと、今日1日をハピメとにらめっこして悶々と過ごすことになってしまう…。

焦りが生まれて来たその時、私のスマホに通知が来ました。
祈る気持ちでハピメのメールボックスを開くと、1通のメッセージが。

「はじめまして。休日にすることないと退屈で仕方ないですよね」
 
きたああああああああああああああ!!
 
 
プロフ検索の労力と時間が無駄になったことを一切気にすることなく、掲示板からアプローチが来たことに歓喜の舞を踊りました。

早く返信したい気持ちを何とか抑え込み、先に連絡してくれた女の子のプロフを確認します。

名前は「えみちゃん」。
21歳のフリーターらしいです。

住んでいる地域は東京都までしか分かりませんでしたが、この際今日中に直接会えれば何でも構いません。

プロフ確認を終え、焦ることなくやり取りを重ねていく事を決意。
がっついてしまってはせっかくの獲物が逃げてしまいますので、この瞬間に冷静になることが大切です。

「メールありがとうございます!そうなんですよ~気付けば何もしていないのに、もう今日が半分終わってました(笑)」

5分と経たない内に返信。

「そうなんですね(笑)。でも私なんてついさっきまで寝てましたよ(笑)」
「休みの日あるあるですね(笑)今日はバイトないんですか?」
「今日はお休みなんです」

この「今日はお休みなんです」は私の脳内で変換すると「今日はエッチOKの日だよ♪」になります。

完全なるご都合主義です。

「じゃあ僕と同じですね!
せっかくなんで良かったらLINE交換しませんか?僕のID○○○○なんで、LINEで連絡もらえると嬉しいです!
あ、嫌だったらこのままでも大丈夫ですよ!」

そうしてLINEの交換を申し出て、また5分としない内にLINEに連絡を貰うことに成功しました。

LINEでのやり取りを1時間ほどして、まだ昼食を取っていない事に気付きました。
これ、口実に使えねぇかな…。

「えみちゃん、お昼ご飯食べました?僕まだなんですけど、良かったら一緒に食べません?(笑)」
「良いですよ(笑)どこで食べます?」
 
フットワーク軽くねっ!?
 
 
正直、ダメ元で聞いてみたんですが…
ここまで簡単に即アポ取れるとは思いませんでした。
フリーターだからっていうのもあるのかな?

「えみちゃんはどこ住み?えみちゃんが行きやすい場所で良いですよ」
「私は町田住みなんで、新宿とかだったらありがたいです」

ハピメの神が我慢を重ねた私にご褒美をくれたみたいです。

ご存じない方のために説明しますが、前述した通り私は狛江に住んでいます。

そして町田も東京都の端っこ。
神奈川との県境に位置します。

小田急線狛江

小田急線を利用すると、町田→狛江→世田谷(下北沢など)→新宿と都心に向かうことになるのです。

つまり圧倒的ご近所なのです!こんなに美味しい話があって良いのでしょうか?

「えみちゃん町田住みなんですか?僕狛江ですよ」
「えっ!めちゃ近いですね!!」
「これはもう運命ですね(笑)新宿まで行くの面倒だと思うんで、狛江で何か食べません?」
「良いですよ!」
 
 
こうして1時間後に狛江駅前で待ち合わせをする約束を取り付けました。

狛江駅前で待ち合わせて「えみちゃん」とご対面

出会い系で知り合った女の子と駅前で待ち合わせをするのって結構難しいと思うんです。

例えば新宿。
「新宿の駅前ってどこだよ?」ってなります。

人もたくさんいて、見つけて声を掛けるだけでも一苦労です。

その点狛江は、駅前って言うだけで待ち合わせが簡単に出来るのも気に入っています。

小田急線しか走ってない上に、改札が1つしか無くて待ち合わせしている様な人もほぼ見かけません。

約束の時間は14時としていたので、待ち合わせ時間の10分前に自宅を出て駅に向かいました。

もう少しで駅に着くというタイミングでえみちゃんからLINEが。

「着きましたぁ~近いのに狛江に来たの多分高校生以来です(笑)」

そうでしょう、そうでしょう。
何もないですからねマジで。

早足で駅に着くと、スマホを弄っているセミロングの女の子をすぐに発見。

「ども、えみちゃん……ですよね?」
「あ、はい」
「良かった~!違ったらただの不審者じゃないですか、俺」
「そうですね(笑)」

掴みはOK。
愛想も結構良くて良い感じです。

えみちゃんの見た目は出会い系で会う女の子の平均レベル。

ちょっとぽっちゃりしているように見えますが、胸もそれに応じて大き目なので、ヤル分には全然問題に思えないくらいの女の子でした。

目もパッチリしていてパッと見かわいい感じに思えます。
思えるんですが…。

とにかく唇が厚いんです!
 
 
色気があるとかそういう感じではありません。
ちょっと残念なくらいにたらこ唇なんです。

色は明太子寄り。

そして口元からチラリと覗く出っ歯。
真ん中の前歯二本が口内に仕舞い切れていません。

前歯二本

風俗のパネル写真でもたまにいますよね?
自分の手で口元隠す女の子。

若干当たりだと思って喜びかけたのですが、正直別に喜ぶほどの女の子ではないと思ったので、サッサとセックスまでの流れを作ろうと思います。

「えみちゃん、何か食べたいのある?」
「うぅ~ん、別に何でもいいですよ?」
「でたな、お母さんが一番困る発言」
「(笑)本当に何でもいいんですもん(笑)」

「じゃぁ俺がお母さん顔負けの手料理を振る舞ってあげよう」

「手料理ですか?」
「そう、最近料理にハマっててね」
「すごいですね!」

ここで抵抗しない辺り…もうヤルつもりで会ってますよね(笑)

後ろからおっぱいを鷲掴みするも無抵抗でイケると確信

狛江駅前からさくら通りを10分ほど歩いて、ボロアパートの自宅にえみちゃんを招待します。

本気で狙っている女の子ほど私はラブホテルを使うようにしています。
それくらい私の自宅はボロいんです。

しかし彼女はラブホテル代を出すほどでもありません。
ヤル気満々なのが見て取れましたし、何なら公園の芝生を布団代わりにしても良いくらい(笑)。

ただ、そんな出会い系女子の中でも超が付く程平均レベルとしか言えないえみちゃんが自宅に入るだけで、私の股間は最大級に勃起していました。

どんだけ溜まってたんだっていう(笑)

部屋に入ってベッドに腰かけるよう伝え、彼女の後ろに座ります。

何も言わずに抱きついて、後ろからおっぱいを鷲掴みにしても特に抵抗される素振りは無し。
ちょっとそれらしく手を重ねてくるだけでした。

予想通り割りと大き目なおっぱいをしばらく揉みしだき、ベッドに押し倒します。

ワクメでセックス

前歯が出てる女の子にフェラさせても歯が当たって痛いだけなので、手マンもそこそこにいきなり挿入。
  
「ちょ、ゴム…あっ」
  
暴発寸前だったこともあり、ギンギンになった私のムスコを挿入したら、生であることも忘れて腰を反らせるえみちゃん。

そのままえみちゃんが気持ち良いかどうかなんてさほど気にすることなく、ガツガツ突いて傲慢なセックスを展開。

もちろん私の大好きな言葉責めもしましたよ?

「もともとヤルつもりで来たんだろ?ノコノコ男の家まで付いてきて、ド変態だな」

反論しようとした瞬間に腰の動きを激しくして、何も喋れなくするという超Sテクニックをお見舞いし、イキたくなったタイミングでおっぱいにぶっかけました。
  
一発ヤッてすっきりした後は、宣言通りちゃんと手料理を振る舞ってあげましたよ。
パスタを食べているえみちゃんのたらこ唇が気になって気になって仕方ありませんでした。

そして食後の運動としてもう一発。

今度は立ちバックで突いたら一回目よりも締まりが良くて、二回目なのにも関わらず早めにフェニッシュ。

結局14時に会ってから19時まで一緒にいたのですが、三回戦まで好き勝手ヤリまくって解散(笑)

ヤリたい放題やったのにセフレになったw

いきなり自宅に連れ込んで傲慢とも言えるセックスをしたのにもかかわらず、彼女とは定期的に会ってセックスしています(笑)。

相性が良かったのか、それとも他に良い男がいないのか…

何にせよ、ここまでお金がかからないでセフレが作れたのは珍しいケースですね。

次の休みはえみちゃんがバイトで空いていないとのことでしたので、また新しいセフレ候補をハピメで探したいと思います。

出会い系には簡単にセフレになってくれる女の子がたくさんいますので、使っていない人は損してますよ!

是非私の様に出会い系で充実したセックスライフを送ってくださいね!

セフレを作るなら→東京のセフレ掲示板
 

コメントを書く

コメント欄は必須です。